So-net無料ブログ作成
検索選択
長野サッカー ブログトップ
前の30件 | -

2012北信越クラブユース選手権 (U-15 大会) レポート [長野サッカー]

自分が作成しました2012北信越クラブユース選手権 (U-15 大会)の レポートが長野サッカー協会HP技術委員会のページに掲載されました。

同大会での長野県代表チームの戦いぶりと他県関係者との情報交換から、長野県サッカーの4種・3種年代の育成について検証し、提言という形でまとめさせていただきました。

サッカーにも指導方法にも「答え」はありませんが、今回の自分のレポートが長野県サッカーの育成について考える材料になれたら幸いです。

長野県サッカー協会公式(技術委員会:北信越クラブユース選手権U-15視察報告 pdf)
コメント(3) 

信州ダービー待望論 [長野サッカー]

今朝の新聞松本山雅と長野パルセイロが練習試合を行うという記事が掲載されていました。

信州ダービーは間違いなく「ブランド」になりました。

それが山雅がJリーグに昇格した今シーズン、真剣勝負の機会がないのは非常にもったいないと思うのです。

ビジネスでもシャンスで手を打てないことを「機会損失」と言います。

その貴重な「コンテンツ」を活用することで、長野県サッカーの更なる盛り上がりにつなげられるのではないでしょうか。

全国的には浦和レッズと大宮アルディージャが対戦する「埼玉ダービー」や、清水エスパルスとジュビロ磐田の「静岡ダービー」など試合自体にスポンサーをつけて興行となっているものもあります。

海外リーグでもエルクラシコをはじめ、多くのダービーマッチが存在し、大変な盛り上がりを見せています。

長野県のサッカー人として、長野県が全国に誇れるブランド「信州ダービー」の積極的な活用を熱望します。

シーズン開幕前のプレシーズンマッチ的な試合でも面白いですよね。
コメント(2) 

アルビ、西村選手がブラジルへ期限付き移籍 [長野サッカー]

シーズンよりアルビレックス新潟に加入した長野県出身、西村竜馬選手がブラジル サンパウロ州選手権2部のグレミオ・エスポルチーボ・マウアエンセへ期限付き移籍が発表されました。

西村選手は長野県のMAC SALTO JY時代にみていたこともあり、動向を注目しています。

ブラジルでの武者修行でさらにスケールの大きな選手になってもらいたいですね。

頑張れ、西村選手!!

アルビレックス新潟公式(西村 竜馬選手 グレミオ・エスポルチーボ・マウアエンセ(ブラジル)に期限付き移籍のお知らせ )
コメント(2) 

沖山さんがヨルダン女子代表監督に就任 [長野サッカー]

大原学園女子サッカー部監督時代に大変お世話になった沖山さんがヨルダン女子代表監督に就任、の記事が今朝の信毎に掲載されていました。

沖山さんとは長野を離れられた後も年賀状をやりとりしていましたが、昨年、勤務地のJFAアカデミー福島で被災後は連絡が取れず大変心配していたので、今回元気な顔を拝見しある意味、ほっとしました。

海外の代表チームを指揮することは大変なことだと思いますが、沖山さんのあのサッカーにかける情熱をもってすれば異国の地でもしっかりと道を切り開いていかれるでしょう。

長野県サッカー界で活躍された沖山さんの大きなチャレンジを、みんなで大いに応援しようじゃありませんか!

自分も沖山さんのチャレンジスピリッツに負けないように頑張っていきたいと思います。

28.jpg
コメント(0) 

長野県の「フットボールのある週末」に思う [長野サッカー]

先週の松本山雅FCのJリーグ、アルウィン開幕戦には13,000人を超える観客が集まりました。

同じくパルセイロのJFLのホーム開幕戦には3,000人を超える観客が集まりました。

長野県のサッカー人としてこれだけの多くの方が地元クラブの試合を観戦したということは本当に素晴らしいことですし感慨深いですね。

10年前に今の長野県の状況をイメージできたサッカー関係者はいなかったでしょう。

いよいよ「フットボールのある週末」が長野県でも日常になってきました。

ある山雅のサポーターの方が、山雅が一方的に負けたのだからブーイングをしないようではとダメ、と熱く語っていましが、自分は慌てなくてもいいと思うのです。

あれだけの人が集まって山雅の試合に一喜一憂して盛り上がっただけでも素晴らしいことではないですか。

これから観戦する側も時間をかけて試合を見る目が育っていけばいいと思います。

ヨーロッパリーグのサポーターが選手のプレーに対して的確な反応をするのも100年もの歴史のある「フットボールのある週末」の積み重ねが育てたのです。

パルセイロがJ規格のスタジアムが出来るまでの数年はJリーグに昇格できないことに対して、過度に悲観的な見方をする人がいますが、そんなに悲観的にならなくていいと思うのです。

Jクラブではなくてもあれだけのオレンジのサポーターが南長野を埋めていること自体、素晴らしいことですよね。

サッカー、スポーツが生活の一部となり文化になっていくには時間が必要です。

ワインが時間をかけて醸造され、深い味わいになっていくように。

長い目で長野県の「フットボールのある週末」を楽しみ、おらが町のクラブを育てていきたいものですね。
コメント(0) 

第5回サッカーカンファレンス長野 [長野サッカー]

先週末は岡谷市で行われた第5回サッカーカンファレンス長野に主催者側の技術委員として参加しました。

カンファレンスには200名を超えるサッカー関係者が参加し、2日間に渡り講義、ディスカッション、トレーニングの実践を行いました。

先日、J2松本山雅の監督に就任した反町監督が記者会見で長野県を「サッカー後進県」と発言されていましたが、長野県サッカーはなにも後ろに進んでいるわけではありません。

今回のカンファレンスにもこれだけ多くの指導者、関係者が何とか長野県サッカーをよくしていくために集まり、2日間に渡って真剣に議論を重ねていました。

長野県サッカーは自信を持って「前進」していくべきだと思います。

きっと反町さんも自分へのチャレンジの意味も含め、そんな前向きな思いで発言されたのでしょう。

長野県サッカーの挑戦は日々続いていきます。

そして自分も微力ながらその力になれたらと心から思います。

参加者の皆さん、関係者の皆さん、2日間お疲れ様でした。

長野県サッカーファミリーみんなで頑張っていきましょう。

29.jpg
コメント(0) 

信毎に長野パルセイロ・松本山雅特集 [長野サッカー]

今朝の信毎スポーツ欄のお話。

日本代表大勝の記事の「すぐ隣に」長野パルセイロと松本山雅のJ2昇格に向けた展望の記事が掲載されていました。

世間の注目度の高い代表の試合の記事に、地元からJリーグ昇格を目指す2つのクラブの記事を掲載した信毎さんの心意気に拍手!!

まだ読んでいない方は是非ご一読を。

1012.jpg
コメント(0) 

長野県サッカーの情報発信に思う [長野サッカー]

スポーツの秋、3連休はサッカーも様々な大会が行われていましたね。

自分も天皇杯や高校選手権県予選などの結果を調べて当ブログに掲載しました。

その中で調べても分からなかったのが8日に行われた4種(小学生)の県大会、チラベルトカップ1,2回戦の結果です。

少年チーム関係者の皆さんはもちろん、試合結果をタイムリーに知りたい人は多いと思いますし、同様の事は他の年代の大会にも言えますよね。

サッカー関係者の求める情報をスピーディーに提供していく、この事も地域のサッカーを盛り上げるすごく大切な要素になると思います。

ここからは個人的な提案ですが、県協会のHPに大会試合結果の速報サイトを設けたらどうでしょうか。

このIT時代、大会役員の方がIDやパスワードでグランドの本部席から速報を入れることも可能でしょう。

急に長野県サッカーがレベルアップできなくてもそんなちょっとした情報発信のやり方でも長野県のサッカーを変えていくきっかけになれると自分は思っています。
コメント(0) 

「信州ダービー」に思う [長野サッカー]

天皇杯県予選決勝はPK戦の末、松本山雅が勝利し天皇杯本大会出場権を獲得しました。

試合の内容などのコメントは他の人にお任せするとして、自分が嬉しかったのは「8782人」という観客数です。

この観客数は昨日行われたすべてのJ2の試合の観客数を上回る数字です。

わずか数年前までは県予選の決勝でもチーム、選手関係者だけが観戦しているという状態でした。

それが今やこれだけの観客がサッカーの試合を見に会場に足を運び、試合を楽しむようになったです。

Jリーグを目指す松本山雅、長野パルセイロの存在が地域の人に、今までなかったサッカーを観戦、応援するという「楽しみ」をもらたしています。

規模やレベルは違えど、中野エスペランサも来春、中野市に完成するサッカー場で地域の皆さんにサッカーを観戦、応援する「楽しみ」を提供出来たら素晴らしいなと思います。
コメント(0) 

3度目の信州ダービー [長野サッカー]

明日28日(日)に天皇杯県予選の決勝が行われます。

県協会HPでも

「今季3度目の信州ダービー天皇杯出場をかけた熱い戦い!」

キャッチコピーでPRされていますね。

「ホーム」アルウィンで大サポーターを味方につける山雅か、参戦1年目のJFLで2位と好調を維持するパルセイロか。

もしかしたら今、日本で一番盛り上がる天皇杯予選かもしれませんね。

注目の信州ダービーは明日28日(日)「聖地」アルウィンにて13時キックオフ、入場無料です。

長野県サッカー協会公式

また当日は「長野県フットボールデー2011」と称してアルウィンとその周辺で各種イベントが開催されます。

ファミリーでぜひアルウィンへ!

長野県フットボールデー2011
コメント(3) 

松本で北信越国体 [長野サッカー]

今週末行われる北信越国体で長野県選抜チームの試合が松本で行われます。

【8月20日(土)】

アル芝      11:00~少年男子 長野県選抜 vs 富山県選抜
 
広域サッカー場 13:30~女子 長野県選抜 vs 福井県選抜(代表決定戦)

【8月21日(日)】

アル芝     11:00~少年男子 長野県選抜 vs 石川県選抜

アルウィン   13:30~成年男子 長野県選抜 vs 福井・石川の勝者(代表決定戦)

少年男子(U-16年代)代表には中野エスペランサU-15卒業生、真崎亮太(松商学園1年)がメンバー入りしています。

本国体出場を目指して戦う、我らが長野県代表の試合をみんなで応援に行きましょう。


さて、毎年思うのですがメディア等で国体の試合のアナウンスが本当に少ないと思います。

また県協会HPにも国体委員会のページに掲載されていましたが正直見づらかったし、更新日が3月17日になっていて最新のものではありません。

情報があれば応援に行ってみようと思う人も少なからずいるはず、です。

ちょっとした情報発信のやり方で長野のサッカーを取り巻く環境だって変わってくる可能性があると自分は思うのです。
コメント(0) 

アルウィンでキリンカップ [長野サッカー]

来月6月4日(土)にアルウィンでキリンカップ、ペルー代表 vs チェコ代表戦が行われます。

残念ながら日本代表は来ませんが、それでも長野県でヨーロッパと南米の代表の試合が見れるのは素晴らしいことです。

個人的にはペルー代表のストライカー、ピサロ(ブレーメン)とチェコ代表の天才、ロシツキー(アーセナル)を生で見てみたいですね。

でも2人とも来日するのかな、、、なんて心配してみたり(笑)

日本サッカー協会公式(キリンカップ2011)

6月1日(水)新潟ビッグスワンでナイター開催の日本代表戦の試合も行けないこともないかな、、、なんて思ってみたり(笑)
コメント(0) 

技術委員会 [長野サッカー]

先ほど技術委員会が終了しました。

今回も議題は多く3時間近く真剣な議論が交わされました。

眠気に負けないように安全運転で帰ります。

0514b.jpg

夕暮れのアルウィン玄関
コメント(0) 

岡田武史氏講演会 [長野サッカー]

岡田武史、前日本代表監督の講演会が5月21日(土)17:00~19:00に篠ノ井市民会館にて行われます。

講演会案内

南長野青年会議所公式(講演会申込)

W杯の舞台裏の話なども聞かれるのかなと思うと興味深いですね。

自分も都合がつけば参加したいと思います。
コメント(0) 

八幡屋礒五郎、パルセイロ缶 [長野サッカー]

先日、パルセイロのスタッフの方に八幡屋礒五郎のパルセイロJFL記念缶をいただきました。

0125b.jpg

自分も寒い時期は特にお味噌汁などの汁物で礒五郎さんにお世話になっています(笑)

先日、パルセイロのユニフォームスポンサー決定のアナウンスがHPでされていましたね。

シーズン、八幡屋礒五郎さんはレディースチームのユニフォームに社名が入るようです。

どうしてもJFL1年先輩の松本山雅の話題が先行している感はありますが、同じ北信のクラブであり、お世話になっている方も多いパルセイロ。

JLFの舞台で七味のようにピリリと存在感のある戦いぶりを期待しましょう。

AC長野パルセイロ公式
コメント(0) 

長野県サッカー新時代 [長野サッカー]

昨日、今年長野県から松本山雅、長野パルセイロの2クラブが参戦するJFL(日本フットボールリーグ)の1、2節の日程が発表されました。

2年前までJFLに参戦できるチームがなかった長野県が、この2年で2つのクラブが全国リーグの舞台に旅立ちました。まさに長野県サッカー「新時代」ではないでしょうか。

よく、長野県はサッカー後進県なのだから2チームは合併して1チームにした方がいい、と言われるし、長野県サッカー協会が両クラブに合併の働きかけをした経緯も信毎に載っていました。

自分も富山県のJFLだった2クラブ、YKK、アローズ北陸(北陸電力)が合併し、現在J2のカターレ富山が誕生したニュースを聞いた時、長野県も合併した方が良いのでは、と思ったこともありました。

でも今、自分はこう思います。

面積の広い長野県で地域の離れた2大都市にそれぞれJを目指すクラブが存在し、お互いに高め合う中で県内のサッカー熱が高まっていくことは、むしろ「長野モデル」?じゃないですけど良い方向に行く可能性があるのでは、と。

Jリーグの理念であり、サッカーの大きな魅力の一つは「おらが町のクラブ」を応援することです。

自分達はどうしても長野「県」を意識してしまうけど、サッカークラブのベースは「県」ではなく「都市」「町」です。

そこはプロ野球と違うところですよね。野球のグランセローズのような県民球団という考え方でなくていいと思うのです。

もっと言えば、長野県は山が多く、それぞれの「盆地の文化」が歴史を重ねてきました。

松本は松本城、長野市は善光寺、という分り易いそれぞれの町づくりのシンボルもありますよね。

平地が多く県庁所在地の富山市に集まりやすい富山県とは環境的にも違うでしょう。

また長野の両雄が激突する「信州ダービー」はエルクラシコ(バルセロナvsレアルマドリード)、多摩川クラシコ(フロンターレvsFC東京)などのように長野のサッカー活性化の起爆剤になるかもしれません。

もちろん、スポンサーの獲得などお金の面を考えれば合併という考えも理解できます。

でもこの前の松田直樹のコメントじゃないですけど「お金じゃない」たくさんの魅力があるのが我々の愛するサッカーというスポーツです。

今年の長野のサッカーを熱くする松本山雅、パルセイロ、両クラブの大活躍に期待しましょう。
コメント(0) 

横浜M、松田直樹が松本山雅に加入③ [長野サッカー]

代表でも中心選手として活躍した松田直樹クラスの選手がどうして他のJリーグクラブではなく、JFLの松本山雅に移籍を決意したのかー。

今回の移籍のニュースを聞いた多くの人が感じたことかもしれません。

自分はその答えを松田の入団会見時の彼のコメントから推測することが出来ました。

「お金じゃない」

サッカーが好きだから」

「松本山雅が一番最初に誘ってくれたし目標が明確だった」

サポーターと一緒になれるスタジアム

・・・サッカーを愛する松田が松本山雅というクラブに「魅力」を感じたのだな、と思いました。

松本山雅というクラブはJリーグクラブではないけれど、クラブ、そして地域の努力で代表クラスの選手の気持ちを動かす「魅力」を備えることができたと言えるでしょう。

先日、自分は当ブログで長野県の中学3年生の県外流出の件で書いた、まさに「魅力」の部分です。

そしてさらに自分が驚いたのが「松本市民を県を元気にしたい」という彼のコメントです。

代表クラスの選手が地方都市の地域活性化のことまで言及するのは珍しいことではないでしょうか。

クラブが目指すものが明確でそれを熱意を持って伝えられたこと、クラブが様々な「魅力」を作り上げてきたこと、そしてその「魅力」をしっかりと伝えることに成功したこと・・・非常に考えさせられました。

今回、長野県のクラブが松田クラスの選手を獲得することが出来たことは長野県サッカー全体にとっても大きな一歩と言えると思います。

まさに昨年のサッカーカンファレンスの中で出た「人の思いが人を動かし物事を動かす」ですね。

中野エスペランサのようなさらに地方のクラブにとっても非常に勇気付けられる素晴らしい出来事だったと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

横浜M、松田直樹が松本山雅に加入② [長野サッカー]

まず自分が印象に残っているのがこの動画です。

昨年末、戦力外通告後のホーム最終戦で松田直樹がサポーターに送った最後の挨拶です。

世間一般でいう「上手な」挨拶ではないかもしれないけれど、クラブ・サポーターへの感謝、そしてサッカーを愛する気持ちを本当にストレートに、そして正直に表現する姿に感動しました。

正直、それまで自分の中で松田直樹という選手は、天才肌だけど相手にも味方にもキレて怒鳴り散らしている選手、というどちらかというと悪いイメージが強かったのですが、この動画を見て彼のサッカー愛や男の生き様を感じ印象が変わりました。


nice!(0)  コメント(0) 

横浜M、松田直樹が松本山雅に加入① [長野サッカー]

日本代表主力選手、そしてミスターマリノス、松田直樹がJFL松本山雅に加入!!

一昨年、天皇杯で山雅が浦和レッズを破った時と同様に、「松本山雅」の名前が全国ニュースで飛び交いましたね。

自分もこのニュースを聞いた時は本当に驚きました。他のJ1のクラブが獲得すると思っていましたから。

でも、獲得決定の一報から少し時間が経って、長野サッカーに関わるものとして何か「誇らしい気持ち」になってきたのです。

長野県のクラブに松田のような素晴らしい選手が来てくれる・・・そのこと自体が松本山雅という一クラブだけのことではなくて長野県サッカーが前進しているように感じられたからでしょうか。

今回の松田選手の松本山雅への加入について自分が感じたことをまた何回かに分けて書いてみたいと思います。

スポーツナビ(松田直樹、松本山雅FC入団会見)

信毎web(元日本代表DF松田が山雅入団会見)
nice!(0)  コメント(0) 

松本山雅FC、Jリーグ準加盟承認 [長野サッカー]

松本山雅FC、Jリーグ準加盟承認!!

今日の長野サッカーのトップニュースはこれですね。今朝の信毎、スポニチにもしっかりと載っていました。

Jリーグ昇格にはJFLでの成績はもちろん、組織の株式会社化、行政の支援体制の確立など予備審査に向けてハードルは多く存在するようですが、準加盟申請が承認されたことは間違いなく大きな第一歩ですね。

実際に組織の株式会社化や松本市営サッカー場の人工芝化などハードルをクリアする方向で動いていると聞いていますし、柿本・石田のJFL屈指のFW陣を擁すなど戦力的にも十分JFL上位を狙える戦力が整っているのではないでしょうか。そして何よりJリーグ規格のアルウィンがあるのは大きなアドバンテージでしょう。

JFLでも突出したサポーター集団を擁しJFL昇格で勢いに乗る松本山雅FC、JFL1年生でのJ2昇格、個人的には十分可能性もあるのではないかと思います(期待も込めて)

今シーズンの松本山雅FC、オンザピッチ、オフザピッチ共に目が離せません!!

100217a.jpg
【信毎記事】

100217b.jpg
【スポニチ長野版記事】

松本山雅FC公式(Jリーグ準加盟申請審査結果について)
nice!(0)  コメント(0) 

国体準々決勝 [長野サッカー]

本国体成年男子の準々決勝の結果です。

京都府代表 4-0 長野県代表

残念ながら完敗だったようですね。

京都は昨年の優勝チームでJFL中位の佐川印刷SCの選手が主体だった模様。

そんななか、京都は長野県出身の塩沢勝吾選手が得点を挙げていましたね。

上田ジェンシャン→山形大→水戸ホーリーホックとプレーした選手で、今はどこでプレーしているのかなと思っていたので、名前を見てすぐに気がつきました。

トップチームの竹内監督もジェンシャン時代に一緒にプレーしていたそうです。

残念ながら準々決勝敗退となった長野県代表ですが、昨日の信毎には本国体成年男子の勝利は実に19年ぶりと書かれていました。

大きな一歩ではないでしょうか。

関係者の皆さん、お疲れ様でした。

JFA公式(本国体サッカー競技組み合わせ)

国体続報 [長野サッカー]

本国体の成年男子1回戦、長野県代表は山口県代表に見事、4-0で快勝。準々決勝に進みました。

松本山雅の今井選手、上田ジェンシャンの横井選手がそれぞれ2ゴールを挙げたようです。

両選手とも上松出身の選手だったように記憶しています。

木曽地域の長年の育成活動の成果がこんなところにも出ているな~と感心させられました。

注目の準々決勝は今日の11:00キックオフ・・・ってもうすぐですね。対戦相手は京都府代表。

頑張れ、長野!!

JFA公式(本国体サッカー競技成年男子)

トゥウェルブ10月号 [長野サッカー]

長野県のサッカー専門のフリーマガジン「Twelve」の10月号が届きました。

今号では京都サンガU-15のトレーニングレポートも掲載されていますね。

たくさん届いているので欲しい方は連絡ください。

090925.jpg

北信越国体 [長野サッカー]

きのうの信毎に北信越国体の記事が載っていました。

成年男子、成年女子ともに本国体への出場権を獲得したようですね。

関係者の皆さんおめでとうございます。

男子は9年ぶり、女子は4年ぶりの本国体出場だそうです。本国体での大暴れを期待しましょう。

そんな中、苦しい戦いを強いられているが少年男子です。

今回も総当たりのリーグ戦で全敗に終わりました。

U-16で構成される少年男子ですが、国体候補メンバーで行われている北信越5県のリーグ戦でもここ数年ほとんど勝てていません。

高校進学時に中学年代の主力選手が県外に流失するなどの問題もあるのでしょうか・・。

国体だけではなく選抜チームの活動には準備期間の確保やチーム作りの難しさが伴います。

それでも選手育成や長野サッカーを盛り上げるためにも大切な活動ですし注目していきたいですね。

P.S.

少年国体のメンバーが知りたいです。クラブの卒業生がメンバー入りしていないか気にしているのですが情報が・・・。

「12twelve」8月号 [長野サッカー]

長野サッカー関連の記事で毎月発行するフリーマガジン12twelve(トゥウェルブ)の8月号が届きました。

今月号は松本山雅のストライカー柿本の特集。

山雅ユースアカデミーの記事では昨年まで中野エスペランサトップチームでプレーしていた胡桃澤が山雅U-12の監督として紹介されていました。

創刊号は田中隼磨、その次はパルセイロ土橋、その次が山雅の柿本・・・とバランス良く特集を組んでいます(笑)

勝手に次はサガン鳥栖の高橋義希かジェンシャンの芦田かな?と予想して楽しみにしています。

8月号たくさんあるので欲しい人は声をかけてください。

090722.jpg

憂鬱な火曜日 [長野サッカー]

今日は火曜日。火曜と言えば信毎「スポーツ広場」の日です。

スポーツマンたるもの信毎の政治欄は見逃しても「スポーツ広場」と「慶弔欄」はしっかりとチェックしています(笑)

クラブHPの管理人をしている自分としてもトップチームの県1部リーグの順位表を更新すべく今日も早朝に確認しましたが、県リーグの結果はどこにも掲載されていませんでした。

これには本当にがっかりしましたね・・・。

ただでさえインターネットでの速報がなく残念がっているのに、試合が終わって2~3日が経ってもリーグの試合結果がどこにも掲載されないこの現実・・・。

北信リーグや東信リーグは掲載されていました。長野県リーグは県内のトップリーグなんですよ。

U-15も然り。U-15の県ユースリーグ(トップリーグ)の試合結果は一度もスポーツ広場に掲載されたことがありません。

サッカー馬鹿息子によって多大な迷惑を受けている自分の両親でさえスポーツ広場を見ているようで「今週は勝ってたね」とか「最近勝ってるね」とか声をかけてくれますよ。

全国的に見て長野県のサッカーのレベルは低いと言われますが、それは「オフザピッチ」も同じですね。

それぞれの日曜日 [長野サッカー]

日曜日の試合結果です。

トップチームは長野県リーグ7節。

中野エスペランサ 1-0 アザリー飯田

初の完封勝利で見事3連勝です。勢いに乗ってきましたね。

しかも3連勝の相手は作シーズン優勝のSALTO、昨年まで北信越リーグに参戦していた日精樹脂、毎年上位常連のアザリー飯田です。

首位を走る東部と勝ち点の差はありますが可能性を信じ、NEVER GIVE UP!!で残り2試合を2連勝で行きましょう。

自分はクラブユース選手権U-15北信越大会の技術レポート(戦評)を作成しに福井県丸岡まで行きました。

自分が担当したカードは中野エスペランサが長野県大会準々決勝で完敗したASA(長野県1位)と松任FC(石川県2位)の試合でした。

松任FC 3-3 PK5-4 ASA FUTURO

ASAは0-2の劣勢から2度追いつく粘りを見せましたが延長戦、PK戦の末、惜しくも敗れました。

また、前日の1回戦では

FCひがし(石川県1位) 6-0 上田ジェンシャン(長野県2位)

同じ長野県のクラブのとして自分のことのように悔しい敗戦でした。

チーム関係者の皆さん本当にお疲れさまでした。

中野エスペランサの挑戦も続くし、長野県の挑戦も続きます。

090705.jpg
【ASA-松任戦前のセレモニー @福井県テクノポート】

「12twelve」7月号 [長野サッカー]

少し前に紹介した長野サッカー関連の記事で毎月発行するフリーマガジン12twelve(トゥウェルブ)の7月号がまたまた大量に届きました。

7月号にかけてか、パルセイロの背番号「7」土橋選手の特集に加え、中野エスペランサでもお世話になっているチームや指導者の方の記事ももたくさん掲載されています。

身近でお世話になっているチームや指導者の方がこのような雑誌にカラーの写真付きとかで載っているとなんだか不思議な感覚になりますね。

長野県でこんな雑誌が発行されるのも「フットボール」が人々をひきつける魅力があるからでしょうか。

サッカーバカとしてはちょっと嬉しくなっちゃう雑誌ですね(笑)

欲しい人は連絡くださ~い。

090624.jpg

少ない長野県サッカー情報・・・ [長野サッカー]

クラブチーム「中野エスペランサ」をスタートさせた当時、自分がまず考えたことはネットでクラブの情報を発信しようということでした。

現代は情報公開の時代です。

クラブとして積極的な広報活動は絶対に必要なことと考えています。

ということで中野エスペランサHPのトップページにトップチームが所属する長野県1部リーグの最新の順位表をせっせと作って載せてあります。

それはやっぱりトップチームの結果を気にしている人や、トップチームを応援してくださる地域の皆さんに少しでも早く新しい情報を提供できたら、という想いから作成しているわけです。

そんな中で感じることは、長野県リーグの試合結果の速報が掲載されている場所がないという現実。

社会人連盟HPは毎年のように春先少し更新してその後は全く更新されず・・・。

県協会HPに掲載されるわけでもありません。信毎のスポーツ欄にも載ったり載らなかったり・・・。

結局、各チームのHPやブログをみるしかなく、順位表が出来上がるのは試合翌週の中ごろになってしまいます。

中野エスペランサU-15が参戦している長野県リーグも然り。数日後に県協会HPにUPされるくらいで信毎スポーツ欄に載ることもありません。

たまに東信リーグの結果は載ったりしています。東信リーグには意識の高い人がいるようです(笑)

トップチームにしろ、U-15にしろ長野県リーグって県内のトップリーグなわけで、長野県サッカーを盛り上げようと思ったら当たり前のように最低、県リーグの情報は速報で公開されていないといけないと思うんです。

最新の試合結果を各カテゴリーの責任者が掲示板形式のHPにでもして掲載できないものなのでしょうか。

長野県サッカーを盛り上げていくには「新しい」サッカー情報の公開が不可欠だと思います!!

「12twelve」 [長野サッカー]

先日、自宅に「12twelve(トゥウェルブ)」という冊子が大量に届きました。

長野サッカー関連の記事で毎月発行するフリーマガジンだそうです。

よくみてみたら編集長が自分の知っている方でした。

県内の店舗に置いてあるそうですので、興味のある方は探してみてください。

090602.jpg

創刊号は田中隼磨の特集の他にパルセイロ-山雅の信州ダービー、県内有力高校サッカー部の紹介などで構成されていました。

「12twelve」公式HP
前の30件 | - 長野サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。