So-net無料ブログ作成
JFL ブログトップ

祝、AC長野パルセイロJFL初優勝 [JFL]

AC長野パルセイロのJFL初優勝は北信地域にとって、そして長野県のサッカーにとって素晴らしいビックニュースとなりましたね。

自分も同じ北信地域のサッカー人として本当に嬉しく思います。

でもその優勝はクラブのヴィジョンの通り、あくまでJ2、J1昇格への「通過点」です。

Jリーグのある日常が長野市に、北信地域にいよいよ来ます。

南長野の新スタジアムの完成イメージ図を見るたびに、わくわくしますね。

頑張れ、AC長野パルセイロ!

町クラブの中野エスペランサも頑張ります!
コメント(0) 

AC長野パルセイロ、JFL2シーズン目の成果 [JFL]

昨日、AC長野パルセイロのJFL最終戦が行われましたね。

結果は残念ながらホームゲームを優秀の美で飾れませんでしたが、自分が驚いたのは4,127人という観衆の数でした。

自分はリバーフロントでU-13のトレセンリーグに参加していましたが、午後から南長野へパルセイロの応援に行くというチームが多かったですね。

数字ももちろんですが、今シーズンは長野市を中心とする北信に「日曜日のお楽しみ」が出来た、という雰囲気を感じました。

これは昨シーズンまでには感じられなかった雰囲気です。

クラブを支えるのは「サポーター」です。

一足先にJリーグ入りした松本山雅FC然り、ですね。

例え、長野市にJリーグ仕様のスタジアムが完成したとしても、平均入場者数3,000人というライセンス基準を満たさなければJリーグには入れないのですから。

今年、自分が感じた北信の「日曜日のお楽しみ」が、繰り返し繰り返し積み重ねられ、地域にパルセイロというクラブが深く深く浸透した日の先にパルセイロのJリーグ入りが現実になるのだと思います。

北信からJリーグを目指して、頑張れ、AC長野パルセイロ!

19.jpg
コメント(0) 

長野パルセイロ、薩川監督退任 [JFL]

昨日、松本山雅の反町監督の「続投」が発表されましたが、今日は「退任」のニュースリリースがありました。

自分は薩川監督の「ファン」でした。

数年でパルセイロをJFLで優勝を争うチームに育てた手腕もさることながら、インタビューなどで見せる男気溢れる言動、そして茶目っ気いっぱいの笑えるコメントも「魅力的」でした。

自分が思い出すのは、昨年の南長野で行われた中学生長野市長杯の決勝戦後のことです。

自分はコーチを連れて試合を観戦していた薩川監督にエスペランサU-15の試合を見た感想と、守備で疑問に思っていたことを作戦ボードを持って聞きにいきました。

すると薩川監督は自分達にものすごく真剣に答えてくれて、薩川監督がパルセイロトップチームで課題に思っていることまで話してくれました。

指導者としてはもちろんですがマンパワー、人間的な魅力をヒシヒシと感じて感心させられました。

「名将」薩川監督の今後の活躍を心からお祈りします。

9.jpg
コメント(0) 

JFL佐川滋賀の活動停止に思う。 [JFL]

JFLで3度の優勝を誇る強豪で、国内のアマサッカー界をけん引してきたSAGAWA SHIGA FC(本拠地・守山市)がJFLに今季限りでの活動停止を発表。

その後、滋賀県サッカー協会とチームの移管先を協議してきたが、不調に終わったとのこと。

JFLの名門、SAGAWA SHIGA FCは育成組織も充実させていて注目していたクラブです。

ジュニアのスクールに加え、全国大会にも出場するジュニアユースチームは活動を継続するということですが今後の活動は不透明です。

経済情勢が厳しく企業スポーツクラブの背部が相次ぐ中、一企業に依存しているチームの運営は余りに不安定であり懸念されます。

特に今回の件で自分が心配しているのが、育成組織の選手達の処遇です。

地域の将来を担う子供達のスポーツ環境が「親会社の事情」で失われてしまうことには心が痛みます。

厳しい経済情勢の中であっても、持続可能なスポーツクラブの事業モデルの確立が今、求められています。

Yahoo(佐川滋賀が活動停止=JFL)
コメント(0) 

AC長野パルセイロのJリーグ準加盟が承認 [JFL]

AC長野パルセイロが申請していたJリーグ準加盟が承認されましたね。

あとはJリーグ規格のスタジアム問題です。

自分はスタジアム問題クリアのためには地域のJクラブを誕生を求める「機運」こそ大切だと思います。

せっかくJFLで優勝争いができるクラブが存在するのに、それを地域活性化や街づくりに活かさない手はない、そんな空気こそ大切ではないでしょうか。

また、一足先にJリーグ昇格を果たした松本山雅の集客の多さなどの盛り上がりは、県内のライバル関係のパルセイロとしてはもちろん悔しい部分もあると思いますが、自分は逆に「相乗効果」を期待していい意味で「利用できる」と思っています。

スタジアム問題も含め、環境さえ整えられれば長野市で北信地域で山雅のような盛り上がりが期待できる、信州ダービーをJリーグの舞台で見たい、そう地域が考えてくれれば、自然と良い方向に動いていくでしょう。

今シーズン、中野市にもサッカー場が「異例」と言われたスピードで新設されました。

建設要望の最後の形はサッカー建設を求める4937人の署名、つまり市民の声でしたね。

長野パルセイロのJリーグ昇格に向けた機運を地域みんなで盛り上げていきましょう。

信毎WEB(AC長野のJリーグ準加盟承認 Jリーグ理事会 )
コメント(0) 

長野パルセイロへの期待 [JFL]

長野県のJリーグ元年。

世間の注目はどうしても信州発のJクラブ、松本山雅へと向けられ、長野パルセイロの関係者の皆さんは歯がゆい思いをされているかもしれません。

ですが、自分は今シーズン早々の長野パルセイロがスポーツディレクターに足達勇輔氏を迎えた、というニュースを聞いて、パルセイロというクラブの「思い」や「覚悟」を感じました。

先日も足達さんとお話をする機会がありましたが、「スポーツを文化にしていくことの意味」や「スポーツで人々を幸せにしていくことの素晴らしさ」について熱く語られていて、改めて本当に素晴らしい方が長野に来てくれたなと感激しました。

パルセイロはスタジアムという課題と向き合っていますが、長野市や北信地域にサッカー、スポーツ文化を根付かせること、つまり地域の人々がスポーツのある日常を必要とするようになることこそ、ハード面整備への最短の道筋なのかもしれません。

長野パルセイロの挑戦を長い目で応援していきたいと思います。

AC長野パルセイロ公式
コメント(0) 

JFL1年目、長野パルセイロの大活躍 [JFL]

メディアは松本山雅のJリーグ昇格劇の話題一色ですが、今年のJFLで山雅を上回る2位となりリーグを盛り上げたのが昇格1年目の長野パルセイロです。

パルセイロは残念ながらスタジアム等の諸条件がクリア出来ず、まだJリーグに昇格することは出来ませんが、最後まで優勝争いに加わる見事な戦いぶりだったのではないでしょうか。

また今シーズン、ホームの南長野に3,000人を超える観客が集まるようになったのことは北信地域にとっても素晴らしいことです。

もちろん、ライバル山雅の昇格はパルセイロ関係者にとっては「複雑な」心境かもしれません。

でも、長野県においてサッカーというスポーツの注目度が増したという点ではパルセイロとしても「相乗効果」を期待できるのではないでしょうか。

今シーズンのパルセイロの大活躍に拍手を送ると共に、今後近い将来パルセイロがJリーグの舞台に上がれるように願っています。

数年後、信州ダービーがJリーグの舞台で実現したら長野県サッカーは更なる盛り上がりを見せることは間違いありませんから。
コメント(0) 

松本山雅の集客力に思う「共感」の力 [JFL]

日曜日にアルウィンで行われたJFL、松本山雅FC-ホンダロック戦には9,606人の集客がありました。

J2でも5,000人集客できない試合が多くある中、松本山雅の集客力はJFLでも群を抜いています。

おそらく、来シーズンの入場料収入を考えれば、JFLのクラブは山雅に昇格して欲しくない、J2のクラブは山雅に昇格して欲しい、と思っていることでしょう(笑)

さて、ではなぜ松本山雅がこれだけの集客を集められるのかー。

自分は「共感」の力が大きく働いていると思っています。

J2昇格という明確な目標があり、さらに成績以外の条件をクリアしていて、4位以内の成績でJ2昇格を果たせるという「分かりやすい」状況であるということ。

今シーズンのクラブのスローガン、「One Soul」(ココロをひとつに)がアルウィンで大合唱されていることも象徴的ですね。

このスローガンの選択や、タオルマフラーを回すパフォーマンスなどクラブやサポーターの「一体感」を高める「戦略」も集客力を高められた出来た要因の一つだと思います。

さらに、今シーズンの山雅の象徴であった故、松田直樹の無念さがさらに「共感」に拍車をかけているのでしょう。

また、山雅のサポーターの盛り上がりをみていると自分は時代が「共感」や「一体感」というものを求めているのではないかと感じています。

自分も中野エスペランサという地域密着を掲げるクラブを運営していく人間として、規模は違えど松本山雅の「共感」の力に非常に考えさせられました。

動画はその9,606人を集客したロック戦。

数年前の長野県では考えられない光景です。


コメント(0) 

JFL、大詰め!長野県の2チームに注目! [JFL]

昨日の試合を終えてのJFL最新順位表です。

1 SAGAWA 64 +24
2 長 野 60 +23
3 松 本 56 +20
4 町 田 55 +30
5 長 崎 55 +21

J昇格に向け「崖っぷち」の松本山雅が連勝を伸ばし昇格圏内の3位に浮上。

優勝争いをしている長野パルセイロも快勝で連勝を伸ばしました。

残り2節、果たしてどんなドラマが待っているのでしょうか。

長野県勢2チームの戦いに注目です。

1127b.jpg

写真は今朝のスポニチ長野県版です。

アルウィンスタンドの松田直樹のビッグユニフォームの番号3に3位の順位を重ねた粋な演出に拍手!!
コメント(0) 

JFL、大詰め!長野の2チームに注目! [JFL]

本日行われたJFL(前期第6節延期分)を終えての最新の順位表です。

1 SAGAWA 61 +22
2 長 野 57 +19
3 町 田 55 +32
4 長 崎 54 +21
5 松 本 53 +18
6 FC琉球 46 +5
7 金 沢 45 +11
8 Honda 45 +2
9 ロック 44 +3
10 讃 岐 40 -5

2~5位の4チームがすべて勝ち、勝ち点を伸ばしました。

金沢で行われた山雅の試合には多くの山雅サポが駆けつけたようで、自分の石川の友達が「山雅のホーム」みたいだったとわざわざ電話をくれました。

昇格を願う多くの山雅サポーターの思いがアウェージャックという形になったのでしょう。

さて、JFLも残り3節。

どんなドラマが待っているのでしょうか。

万が一、本当に万々が一ですが、長野パルセイロが勝ち点を落とし5位となり、入れ替わりで連勝した松本山雅が4位以内になってしまったら・・・いったいどうなってしまうのでしょう。

間違いなく映画クラシコ2が出来てしまいますね(苦笑)

おらが町を背負い、Jリーグ入りを目指すクラブの熾烈な戦いが続きます。
コメント(0) 

JFL最新順位表、長野県2チーム正念場 [JFL]

JFL最新の順位表です。

1 SAGAWA 61 +22
2 長 野 54 +17
3 町 田 52 +28
4 長 崎 51 +20
5 松 本 50 +17
6 FC琉球 46 +9
7 金 沢 45 +12
8 ロック 44 +7
9 Honda 42 +1
10 讃 岐 40 -4

昨日のJFL、長野パルセイロはSAGAWAとの首位決戦に0-1で敗れ自力優勝が消滅。

ただ首位SAGAWAは残り試合が1試合少なく、まだパルセイロの優勝のチャンスが残されています。

松本山雅はソニー仙台を2-0で破り昇格圏内の4位に勝ち点1差に迫りました。

来月、長野県に初のJリーグクラブ誕生のビッグニュースが聞かれるのでしょうか。

長野県の晩秋のサッカーは熱いです!!
コメント(0) 

JFL最新順位表、長野県2チームに注目 [JFL]

長野県のサッカー人ならJリーグより気になる(笑)JFL、最新の順位表です。

1 SAGAWA 58 +21
2 長 野 54 +18
3 町 田 49 +25
4 長 崎 48 +19
5 松 本 47 +15
6 金 沢 45 +13
7 FC琉球 43 +8
8 ロック 43 +7
9 讃 岐 40 -1
10 Honda 39 -1
11 秋 田 35 -8
12 佐川印 35 -19
13 栃木ウ 32 -10
14 びわこ 31 -25
15 武蔵野 28 -5
16 高 崎 28 -15
17 ジェフ 17 -33
18 ソニー 13 -9

長野パルセイロは4連勝で2位をキープし、次節はホームで首位SAGAWAと直接対決。

4位以内でJ2昇格が決まる松本山雅は前節はツエーゲン金沢に勝ち、4試合ぶりの勝利。

次節はアウェーでソニー仙台との対戦します。

今シーズンのJFLは長野県の2チームが盛り上げていますね。

JFL終盤の長野県両チームの戦いに注目です。
コメント(0) 

JFL大混戦、長野県2チームの動向は? [JFL]

JFL、先週末を終えての最新順位表です。

1 SAGAWA 49 +14
2 長 野 45 +13
3 松 本 43 +14
4 FC琉球 43 +13
5 ロック 43 +11
6 町 田 42 +23
7 金 沢 42 +12
8 長 崎 42 +11
9 讃 岐 39 +3
10 Honda 36 0

4連勝中の松本山雅は下位のジェフリザーブズに終盤に追いつかれドロー。

逆に3連敗中の長野パルセイロは上位の町田ゼルビアに勝利。

最新の順位表は1位から8位までが勝ち点7差のまさに「大混戦」です。

さらに先週はこんな報道もありましたね。

Yahooスポーツ(松本山雅 J入会審査“クリア”…チェアマンがエール「ぜひ昇格して」)

スタジアムの問題で残念ながら今季のJリーグ昇格のない長野パルセイロに対し、戦績次第でJリーグ昇格が決まる松本山雅の動向はやはり注目されますね。

JFL公式
コメント(0) 

JFL、松本山雅・長野パルセイロ、正念場 [JFL]

2011JFL最新の順位表です。

順位 チーム名 勝点 得失点
1  SAGAWA 46 +13
2  町 田 42 +24
3  松 本 42 +14
4  長 野 42 +12
5  長 崎 41 +11
6  ロック 40 +14
7  金 沢 39 +9
8  讃 岐 38 +3
9  FC琉球 37 +5
10  Honda 36 +1
11  秋 田 31 -5
12  栃木ウ 30 -7
13  佐川印 29 -19
14  びわこ 24 -21
15  武蔵野 22 -7
16  高 崎 22 -14
17  ジェフ 16 -30
18  ソニー 10 -3

J2昇格条件の4位以内を目指す松本山雅は4連勝で「昇格圏内の」3位浮上。

逆に3連敗の長野パルセイロは4位に後退。

JFLでは大きな戦力を有する両チームです。

自分は現在の両チームのチーム状態に選手のモチベーションの差は大きく影響していると思います。

4位に入ればJリーグに昇格出来る山雅、優勝してもスタジアム問題が解決しなければJリーグに上がれないパルセイロ、という現状の差です。

ただ山雅は今年の昇格を逃せば来年以降昇格できる保証はないですし、パルセイロもスタジアム建設に向けて署名活動も進んでいる中でこのままズルズルと順位を落としていくわけにはいかないでしょう。

松本山雅、長野パルセイロがリーグの正念場を迎えています。

松本山雅公式

長野パルセイロ公式
コメント(0) 

JFL最新順位表 [JFL]

今週末もJFLが行われます。

前節までの最新の順位表です。

順位 チーム名 勝点 得失
1 SAGAWA 43 +11
2 長 野 42 +18
3 長 崎 39 +12
4 町 田 35 +21
5 金 沢 35 +7
6 松 本 33 +9
7 ロック 33 +8
8 琉 球 32 +4
9 讃 岐 31 0
10 Honda 31 -1
11 栃木ウ 29 -3
12 佐川印 29 -13
13 秋 田 25 -6
14 びわこ 21 -21
15 武蔵野 20 -5
16 高 崎 16 -14
17 ジェフ 13 -25
18 ソニー 7 -2

優勝争いを繰り広げている長野パルセイロ、そしてJ2昇格条件の4位以内のために絶対に負けられない松本山雅。

リーグ終盤戦に向けて長野県の2チーム、それぞれの戦いが続きます。

我々もスタジアムに足を運んで盛り上げていきたいですね!

JFL公式
コメント(0) 

松本山雅FC、J2昇格へのカウントダウン [JFL]

今シーズンの長野県サッカーの大きな話題は間違いなく「松本山雅FCのJ2昇格なるか」でしょう。

現在、松本山雅はリーグ暫定5位につけ昇格圏の4位以内に向け好位置につけています。

チームは8月には松田直樹選手の急死という今だ信じられない出来事がありながら、後半戦に向け即戦力の4選手を積極補強。

天皇杯も含め厳しい試合日程の組まれる後半戦、チームの「選手層の厚さ」が勝敗を大きく左右する中、松本山雅はJ2昇格に向け着々と「準備」を進めています。

また、シーズン終盤、選手層同様にチームを後押しするのが「J2昇格への思い」でしょう。

チーム、サポーター、そして松田直樹のJ2昇格への思い、がまさに「One Soul」になって選手を後押ししていくことでしょう。

「思い」が人を動かし、物事を動かす、ですね。

長野県初のJリーグクラブ誕生へ!

松本山雅FC、J2昇格へのカウントダウンが始まっています。

松本山雅公式
コメント(0) 

松本山雅、世界一悲しく、そして世界一熱いUstream配信 [JFL]

今日アルウィンで行われた松本山雅 vs SAGAWA戦をUstreamで配信してくださった方がいて試合の様子を見ることが出来ました。

配信されていた方は敗戦後、涙されながら映像を撮られていましたね。

そして、敗戦後の山雅サポーターの松田直樹のチャント・・・。

まさに世界一悲しく、そして世界一熱いUstream配信でした。

松田直樹は伝説となり、松本山雅FCは流した涙の数だけ強くなっていくのでしょう。


Video streaming by Ustream
コメント(0) 

松本の夜 [JFL]

先週末の土曜日、自分は松本の駅前のホテルに泊まったのですが、夜歩いた松本駅前の人の多さにびっくりしました。

長野駅前や権堂よりずっと賑わいを感じましたね。

そして、松本山雅FCの緑のレプリカユニフォームやマフラーを身に着けている人を結構見かけました。

ホーム、アルウィンで山雅が6-0で佐川印刷に大勝した夜、多くの山雅サポーターが美味しいお酒を飲んだことでしょう。

それは「Jリーグのある町の夜の風景」でした。

松本山雅の試合の平均入場者数はすでにJ2上位にあたる数だそうです。

山雅は、着実に松本の地に根付き、愛されています。

印刷戦の勝利で順位も「J2昇格圏内の」3位に浮上。

長野県初のJリーグクラブ誕生へのカウントダウンが始まっています。
コメント(0) 

松本山雅FCの苦悩 [JFL]

J2昇格を目指すJFL松本山雅FCが5試合を終えて1勝2敗2分の16位と苦しんでいます。

毎年、エンジンがかかるのが遅い山雅ですがJFL初挑戦の昨シーズンとは状況が違います。

今シーズンの山雅は昨シーズンオフに松田、木島等JFLでは破格の補強を行い「J昇格の再有力候補」でした。

昨シーズン、元代表の服部を補強しJ2昇格を果たした鳥取のようになるのかな、というような空気も感じました。

自分はその「昇格して当たり前」という雰囲気が「プレッシャー」になってしまっているのではないか、と思います。

同じように「昇格して当たり前」という戦力で苦しんでいるクラブがあります。

J2のFC東京です。

代表経験者を多く揃え「J1昇格の最有力候補」が未だ負のスパイラルから抜け出せずにいます。

さらに「プレッシャー」の怖いところは上手くいかない時に「焦り」を生み状況をさらに悪化させることです。

客観的に見れば両チームともまだシーズン序盤で全く慌てる必要はない状況なのですが、「プレッシャー」は必要以上にチームを神経質にさせてしまいます。

「昇格」という大きなミッションの達成はこの「プレッシャー」との戦いの先にあるのでしょう。

頑張れ、松本山雅!!
コメント(0) 

祝、長野パルセイロ、JFL昇格!! [JFL]

AC長野パルセイロが悲願のJFL昇格を果たしましたね。

関係者の皆さん、本当におめでとうございます。

自分も昔から大変お世話になっている方の多いパルセイロ。

安定した職を投げ捨ててまで長野にJクラブを作るために奔走した方がいたのも知っています。

みんなの熱い「思い」が形になった素晴らしい昇格でしたね。

来年JFLの舞台での「信州ダービー」が長野県のサッカーを盛り上げる起爆剤にもなるでしょう。

また同じ北信地区でJFLのレベルの高い試合が観戦できるのも北信のサッカーにとっても大きなことです。

来年パルセイロのホームゲームはアルウィンでなく是非、南長野など北信で開催してもらいたいですね。

まだまだ長野からJへの夢は続いていきます。
nice!(0)  コメント(0) 

サポーターはクラブの宝 [JFL]

きのうの信毎に松本山雅FCのJFLホーム入場者数が1試合平均5000名を超えてJFL歴代1位の記録を更新したと掲載されていました。

またホーム最終戦では入場者数が8000人を超え、山雅の大サポーターがアルウィンで大応援を続けました。テレビ放送を見ましたがそれは物凄い盛り上がりでしたね。

多分、あの応援を初めて見た人は松本山雅はJ1クラブなの?と思わせるぐらいの迫力と熱気を感じたのはないでしょうか。

今シーズンの松本山雅のJ2昇格はなりませんでしたが、あの大サポーターを見ていると長野県にJクラブが誕生する日はそう遠くないと感じました。

さらにもっと言えばJクラブではないのにあれだけのサポーターが集まる松本山雅というクラブは既に地域の「誇り」であり「オンリーワン」的な存在になってるのでしょう。

思い返せば、今やアジアのビッグクラブとなった浦和レッズはJリーグ開幕当初、成績は最下位に低迷し「お荷物チーム」とまで呼ばれました。しかし、レッズサポーターはどんなに成績が伴わない中でもスタジアムに足を運び、熱い応援を続けていましたよね。

そんな熱いサポーターの情熱が10数年後、浦和レッズにJリーグ優勝、ACLチャンピオン、CWC第3位など輝かしいタイトルをもたらしました。

サポーターはクラブの宝です。

松本山雅のあの熱いサポーターは山雅の宝であることはもちろん、松本市の宝であり、長野県サッカーの宝でもあるのでしょう。

中野エスペランサトップチームもいつの日にか地元中野市のスタジアムで試合をして、地域のたくさんの方から応援されるような魅力のあるクラブにしていきたいですね。

動画は山雅サポによるホーム最終戦試合後のアルウィンの様子です。

すでにJFL優勝とJ2昇格を決めているガイナーレ鳥取サポーターはアウェーとは言え、ホーム松本山雅サポーターの迫力に圧倒されたことでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

グリーンにかける夢 [JFL]

昨日の信毎の1面に松本空港を発着しているFDA(富士ドリームエアライン)の飛行機が松本山雅FCのチームカラー「グリーン」になったという記事が写真が掲載されていました。

今まで天皇杯などサッカーの試合結果以外で信毎の1面にサッカー関連のニュースが掲載されたことがあったでしょうか。

松本という地域でどれだけ松本山雅FCが地域に密着し愛されているのかが感じられて本当に素晴らしいな~と感心させられました。

そして松本山雅FCは現在JFLでも5位とJ2昇格条件の4位に迫っています。数年前には想像も出来なかった長野県にJリーグクラブが誕生する日もそう遠くはないのかもしれません。

たくさんの夢を乗せて松本山雅「グリーン」は信州の大空を羽ばたきます。

101013.jpg

中野エスペランサもクラブの規模は違えど「情熱」では負けないように頑張っていきたいものですね。

エスペランサ「レッド」は情熱の「赤」です!!
nice!(0)  コメント(0) 

松本山雅FC、ステップアップ!! [JFL]

きのうの新聞には長野県からJFLに参戦している松本山雅FCの株式会社化の記事が載っていました。

春先の準加盟申請の認可、JFL前期トップのホームゲーム入場者数、そして今回の株式会社化とJリーグ入りに向けて着実にステップアップしていますね。

さらにはスポニチ全国版の記事の金子達仁氏のコラム「春夏シュート」には松本山雅FCを支援する地元銀行に今年だけで100億円を超える預金が集まった、との記事が。ビビりました(笑)

さらに、さらに、ヴェルディなどで活躍し、JFLのFC琉球でキャプテンを務める永井秀樹氏のブログには先日のアルウィンでの試合の感想を以下のように書いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは松本山雅の環境にとにかく驚いた。スタジアム、サポーター、本当に最高だった。
ユニフォームの胸スポンサーはEPSON、背中は長野銀行とスポンサーさんも素晴らしく申し分ない。
この環境があるならばJ2、J1へはあっという間だと思うし現時点ですでに充分Jの環境だと思う。
本当に羨ましいかぎりだ。
久々Jリーグのような環境でSOCCERをプレーした1日だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Jリーグで活躍していた選手からもアルウィンと松本山雅サポの印象は素晴らしいようです!!

JFL開幕から苦戦の続いている松本山雅。後期2節終了時の暫定順位は11位ですが、昇格要件の4位HONDA FCとは勝ち点差は「9」です。今後の戦いぶりでは滑り込み不可能な数字ではないでしょう。

代表が強くならなければその国のサッカーが盛り上がらないのと同じように長野県でもトップにいるクラブが強くならなければ長野のサッカーも活性化していかないでしょう。

Jリーグ昇格目指して、頑張れ、松本山雅FC!!

⇒スポニチ金子達仁氏コラム(20100715付け)
100716.gif

松本山雅FC公式
nice!(0)  コメント(0) 

JFL開幕!! [JFL]

今週末14日にJFL(日本フットボールリーグ)が開幕します。ピラミッド型の日本のサッカーリーグ構成的にはJ3にあたる全国リーグです。

JFLはJ1、J2に比べるとあまりメディア等への露出は少なく、長野県にいるとなかなか観戦する機会も少ないリーグですが、今年は違います。そう、長野県から松本山雅FCが参戦するからです。

昨日の信毎に見開き一面で特集が組まれていましたね。

うちのカミサンも紙面を見たらしく、「ホンダロックの試合は見に行きたい」というので「なんで?」と聞くと「ロックだから」というかなりマニアックな答えが返ってきました・・・うちのカミサン、自分よりサッカー詳しいです(笑)

また先週末のSC相模原カップ夜の指導者懇親会では、松本山雅FCと同じくJリーグ準加盟の町田ゼルビアやSC相模原のスタッフの方にも松本山雅FCのことをずいぶん聞かれました。

昨年、天皇杯でレッズを破ったことや、今年のJリーグ準加盟申請が承認されたことで松本山雅FCはJFLの中でも注目されていると思われます。

JFL1年目の松本山雅FCの戦いぶりから目が離せません。

100311.jpg
【昨日の信毎見開き一面特集】

チームのホームページもリニューアルされていますね。

松本山雅FC公式
nice!(0)  コメント(0) 

松本山雅FC応援定期預金 [JFL]

昨日、中野市内でこのチラシをいただきました。

今年から長野銀行がJFLに参戦する松本山雅FCのユニフォームスポンサーになり支援していくそうですね。

北信濃の中野市まで松本山雅FCのJリーグへ向かう熱い鼓動が届いています。

100303.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

松本山雅FC、JFL1年目の挑戦 [JFL]

所属リーグのカテゴリー=そのチーム(クラブ)のステータス、と改めて感じるのが今年の松本山雅FCの信毎やテレビ等メディアへの露出度の高さです。

きのうの信毎には、松本山雅FCからの準加盟申請を受け、Jリーグ事務局がヒアリングを行ったという記事が載っていましたね。

信濃毎日新聞HP(松本山雅FC、準加盟申請ヒアリングの記事)

長野県サッカーとして素晴らしいニュースですね。

今シーズンの松本山雅FCのさらなる躍進に期待しましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

富山からJ [JFL]

昨年、富山県サッカー協会の要請で誕生した「カターレ富山」。JFLの上位クラブ、アローズ北陸(北陸電力サッカー部)とYKK APの統合チームということで話題になりました。

やっぱりというか、当然ですがこのチームやる気ですね。先月、Jリーグ準加盟申請とJリーガー5選手の新規入団を発表しました。

アルビレックス新潟に続く北信越2チーム目のJチーム誕生なるかー。戦力的に見て今シーズンのJ2昇格争い最有力でしょう。

今シーズンはJFLも注目ですね。

カターレ富山HP


富山県民サッカークラブ誕生 [JFL]

話題的には古くなってしまうのでしょうが、このニュースは長野のサッカー界としてもかなり衝撃的なニュースじゃなかったでしょうか。

富山県からJFLに参戦している、YKK APとアローズ北陸(北陸電力)の2チームが合併し新チームを立ち上げJリーグ入りを目指すことになったようです。JFL(J2の一つ下のカテゴリー)でそれぞれ上位と活躍している両チーム。しかも県協会はもちろん、行政や経済界の協力も取り付けているようで、かなり強力なチーム、組織となりそうです。

YKK AP FC

アローズ北陸サッカー部

富山県サッカー協会

正直、よくこの話がまとまったなーと感心しました。J入りを希望しない2つの企業クラブが「地域の為に」というベクトルのもと方向転換し、県全体でJを目指すチームにしていくという過程に感心されました。素晴らしいですね。

長野は・・・ないかな(苦笑)


中山、JFL初ゴール!! [JFL]

長野俊英高校卒、昨年の冬季間、エスペランサ社会人チームの練習・試合に参加していて、今期からJFLのFC刈谷に入団した中山康弘が5月3日のFC琉球戦でJFL初ゴールを記録しました。

彼は当時から小柄ながらスピード溢れるプレーで可能性を感じた選手でしたが、JFLで活躍するようになるなんて・・・。やはり嬉しいものです。

でも彼にとって、初ゴールはまだまだ通過点。熱いハートでもっともっと上を目指して欲しいと思います。地元長野のためにも頑張れ中山きんに君(笑)!!!

JFL公式:http://www.jfl-info.net/

FC刈谷公式:http://www.fckariya.jp/index.html


JFL開幕 [JFL]

19日(日)にJFLが開幕します。

JFLはJ2の下、アマチュア最高峰リーグと言われていますが、チームの運営資金やプロ契約している選手もいることから「J3」と言っても過言ではないと思います。
勝手な推測ですが、Jリーグ100チーム構想もあるし、もしかしたら数年後、本当にJ3になっているかもしれません。

JFL公式 http://www.jfl-info.net/index.html

今年のJFLには長野県関係の選手が何人かプレーします。

・FC刈谷、中山 康弘(長野俊英高⇒東海学園大⇒FC刈谷)
昨年度の冬季期間はエスペランサ社会人チームの練習・試合に参加していました。上背はないもののスピード溢れるプレーは印象的でした。背番号11番。まだ19歳。将来が楽しみです。

・流通経済大、大峽 浩(柏レイソルユース⇒流通経済大)
お隣、須坂市出身。現鳥栖の高橋とのコンビは中学生年代から強烈でした。流通経済大は関東大学リーグに1軍が出場しているようです。同大学はJ並みの環境が整っているようで有望な選手が集まっているようです。Jリーガーも何人も出ています。

・横川武蔵野FC、宇治拓郎(松商学園高⇒愛媛FC)
彼の高校2年生の時のプレーはインパクトがありました。愛媛FCでは出場機会に恵まれなかったようです。ちなみに彼のお父さんにはジュニアユースの方でいろいろとお世話になっています。

他にも、大原学園や地球環境から登録した選手もいるようです。

それからチーム的には「YKKAP」「アローズ北陸(旧北陸電力」の北信越(富山)2チームは最近上位の結果を残していて優勝争いをするかもしれません。Jに上がる意思は?ですが。。


JFL ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。