So-net無料ブログ作成
検索選択
日本代表 ブログトップ
前の30件 | -

【動画】U-17W杯決勝T1回戦 日本代表 1-2 スウェーデン [日本代表]

FIFA U-17ワールドカップ2013決勝トーナメント1回戦、日本代表vsスウェーデン代表戦のハイライト動画です。



日本代表のボールポゼッション率は驚異の75%・・・でも負けたのは日本。

現代サッカーはボールをつなぐのは当たり前。

その中でどうゴールを奪い、ボールを奪うのか。

サッカーの本質について考えさせられた試合でした。

96JAPANは7年後の東京オリンピックの年代ですね。

若き日本代表の今後の成長にも期待しましょう。
コメント(0) 

「強すぎる」U-17日本代表 [日本代表]

「強すぎる」U-17日本代表に期待!


コメント(0) 

【動画】「三浦和良 フットサル初ゴール 日本代表×ウクライナ 10月27日」に思う  [日本代表]

自分が尊敬するKAZUがフットサル日本代表で初ゴールを決めました。

本当に信じられないですね。45歳ですよ!

15歳でブラジル、日本復帰後もセリエAへをはじめ数々の海外挑戦、そして今回のフットサル代表への挑戦。

KAZUの生き様は既に「伝説」です。

自分も今回のニュースに大きなパワーを貰いました!



人は歩みをとめたときに、そして挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。この道を行けばどうなるものか。あやぶむなかれ。歩まずば道は無し。踏み出せばそのひと足が道となり、そのひと足が道となる。迷わずいけよ、いけばわかるさ。 (by アントニオ猪木
コメント(2) 

【動画】2012/10/16 日本代表対ブラジル代表 ハイライト [日本代表]

ブラジル強し!

ゴールへ向かうスピード、迫力、シュートの思い切りの良さ、上手さ・・・やっぱりブラジルはブラジルでしたね。

サッカー王国の「ゴールを奪うこと」への強い執念、こだわりを感じ、考えさせられた試合でした。

この部分は近年レベルが上がったと言われる日本サッカーにおいて最も足らない部分なのかもしれません。


コメント(0) 

【動画】大量5ゴール! U16日本×U16イラク AFC選手権2012・準決勝 [日本代表]

若き日本代表強し!!

昨晩行なわれた「AFC U-16選手権 イラン 2012」準決勝、U-16イラク代表対U-16日本代表"96ジャパン"のYouTube速報動画です。


コメント(0) 

AFC U-16選手権 イラン2012、U-16日本代表が奮闘 [日本代表]

U-17日本女子代表に負けじとU-16男子日本代表もAFC U-16選手権の舞台で頑張りを見せていますね。

昨日行われ、勝てば来年UAEで行われるFIFAU-17World Cup への出場が決まる準々決勝。

U-16日本代表 2-1(前半0-0) U-16シリア代表

接戦を制し4大会連続7度目のFIFA U-17World Cupへの出場権を獲得しました。

大会準決勝 vs イラク戦は日本時間の10月4日24:25~27:00 CS朝日ニュースター生中継で放送予定。

アジアタイトルを目指す、若き日本代表をみんなで応援しましょう!

JFA公式(AFC U-16選手権イラン2012)
コメント(0) 

【動画】若き日本代表の躍動 [日本代表]

若き男女日本代表が躍動しています。

クラブであれ、代表であれ、選手の「育成」はその組織の生命線ですね。

若い年代の代表が活躍している国のサッカーの将来は明るいと思います。

頑張れ、将来の日の丸を背負う若き代表の戦士達!

みんなで応援しましょう!




コメント(0) 

ジーコが選んだサッカー人生 [日本代表]

今日の代表のW杯予選のイラク戦、先ほどハイライトを見て結果を知りました。

そんな中で今日の試合で自分が一番拍手を贈りたい人物は誰かー。

それはイラク代表監督を務めている「ジーコ」です。

ブラジル代表のスーパースターとして活躍したジーコがその後、どんなサッカー人生を送ってきたかー。

ジーコは皆さんご存知の通り、当時、ワールドカップにも出場したことのない、「弱小国」の日本のJリーグでのプレーを選択し、Jリーグ初期の発展に大きく貢献しました。

さらには日韓W杯後にトルシェの後任として日本代表監督に就任。

その後、各国クラブの監督を歴任した後、2011年に「紛争の続く」イラクの代表監督に就任しました。

そして今回の日本代表との試合を控えたジーコが会見で言い放った言葉がこれです。

「サッカーで争いをなくすことができると信じてる。これは私の使​命だ。」

これは一国の代表監督の存在を超えた伝説的な発言ですね。

実際、ジーコのネームバリューがあればもっとFIFAランキングの高い国や条件の良いクラブの監督を務めることもできたでしょう。

でも、敢えてジーコは紛争が続き、国内情勢が不安定なイラクを選んだのです。

イラク代表監督就任後も給与未払いなどネガティブな報道も流れていました。

自分はサッカーというスポーツの持つ可能性を信じ、世界が抱えるネガティブな問題の解決にチャレンジしているジーコを心から尊敬しているし、応援していきたいと思います。
コメント(0) 

世界大会での日本代表の活躍に思う「育成」の重要性 [日本代表]

U―20女子W杯準決勝、試合は見れませんでしたが完敗だったようですね。

ですが、下を向く必要は全くないと思います。

なぜなら、若い選手達は経験を糧に成長が期待出来るからです。

今夏はロンドンオリンピックの男女代表、さらに今回のU-20女子W杯と世界大会の舞台で日本代表が連続してベスト4に進出しました。

これは数年前までは考えられないまさに「快挙」で、これからの代表の活躍が本当に楽しみです。

今回の日本代表の躍進は「育成」の重要性を認識し、育成年代で世界より一歩先をいく努力を重ねた日本サッカーの成果だと思います。

カンテラを整備して多くの生え抜きの選手を育てあげ、世界一になったFCバルセロナ然り。

「育成」こそ、その国、地域、組織のサッカーを支える基盤であることを再認識しました。

中野エスペランサも育成活動を頑張っていきます!
コメント(0) 

宮本恒靖選手、引退セレモニーでのコメント [日本代表]

宮本恒靖選手の引退セレモニーでのコメント、改めて心に響きました。

サッカーって、この日本でもっと大きな存在になれると思っています。そうなっていかなければいけないとも思います。毎試合、スタジアムが満員になること、親子3世代が手を取り合ってスタジアムにいくことが普通になること、グラウンドがたくさんできて、子供たちがどこででもサッカーができるようになること。そして、ワールドカップで日本が優勝すること、絶対にそんな日が来ると僕は思っています。」

さすが、元日本代表キャプテン

リーダーにはヴィジョンがなければいけません。

今後の宮本選手の活躍が楽しみですね!
コメント(0) 

【動画】JAPAN " Football Sensation " London 2012 [日本代表]

ロンドンオリンピック、男女日本代表ハイライト動画です。

大会の日本サッカーの躍進、サッカーというスポーツの素晴らしさ、感動、そして涙・・・描写、構成とも素晴らしい動画です。


コメント(0) 

オリンピック代表の快勝に思う [日本代表]

ロンドンオリンピック代表が男女共に難しい大会初戦を白星で飾りました。

男子のスペイン撃破は誰が見ても「奇跡」ではなく「実力」でしょう。

内容でも完勝でした。

それにしても、日本はここ数年でフル代表でもユース代表でも男女共に大きく飛躍していますね。

ヨーロッパや南米の強豪国が相手でも互角以上の戦いが出来るようになっています。

今大会の代表の戦いぶりが楽しみですね。
コメント(0) 

酒井宏樹選手は中野市出身? [日本代表]

オリンピック代表の壮行試合、観戦しました。

U-23代表の試合はあれだけゲームを支配していたにも関わらず残念な結果でしたが、本番に向けて課題がはっきりしたのではないかと思います。

さて、最近気になっているオリンピック代表ネタが一つあります。

それは今日も右サイドDFとしてアグレッシブなプレーを見せていた酒井宏樹の出身地についてです。

先日、某スポーツ新聞の記者から「オリンピック代表の酒井宏樹(柏レイ​ソル〜ハノーバー)は長野県中野市出身のようですが酒井さんの親​戚ですか?(笑)」と電話が来ました。

調べてみると、プロフィールの出身地が千葉県柏​市になっているものと、長野県中野市になっているものがあります​。

例えばこれなんかはっきりと長野県中野市出身となっていますね。

http://sportsnews.blog.ocn.ne.jp/column/soccer120418_1_1.html

どうやら中野市生まれ、柏市育ちのようですが、どなたかご存知でしたら教えてください!
コメント(1) 

原口元気選手のサイン [日本代表]

浦和レッズ日本代表、原口元気選手から自分と長男へサインをいただきました。

若き天才ドリブラー、原口選手の活躍をお祈り致します。

06.jpg

コメント(0) 

長野日大高1年生、仲絛選手がU-16日本代表に [日本代表]

この件、自分も以前から聞いていましたが、今朝のスポニチ長野県欄に大きく掲載されました。

仲絛選手とは東北中時代、何度か対戦しましたが、スピードと技術を兼ね備えた「怖い選手」でしたね。

今回、長野市で育った選手から、ユース年代の日の丸が生まれたことは地域のサッカーにとって本当に素晴らしいことです。

子供達の「夢」や「目標」はもちろん、指導者の「励み」にもなりますよね。

少年時代から指導に関わられた皆さんに感謝と御礼の気持ちでいっぱいです。

中野市からも日の丸を育てましょう・・・いや、育てます!!

30.jpg
コメント(0) 

【動画】U-22日本代表、バーレーン戦ハイライト [日本代表]

U-22オリンピック日本代表、バーレーン戦のハイライト動画です。



この試合を見て思ったことをいくつか。

・ガラガラのスタジアムはなんで?バーレーンはサッカー人気がないの?

・バーレーンは汚いプレーのオンパレードで自爆。個人能力は高いのに・・・。

・松木安太郎の解説は相変わらず・・・(笑)
コメント(0) 

北朝鮮が見せた「執念」 [日本代表]

きのうの平壌での代表戦の雰囲気は明らかに「異質」でしたね。

それは既に予選敗退の決まった北朝鮮の「執念」が作り出したものでした。

北朝鮮の選手、観客が見せた目の前の試合に勝つという執念・・・それはもしかしたら今の日本が忘れてしまった勝負事の「原点」なのかもしれません。
コメント(0) 

五輪最終予選メンバー発表 [日本代表]

U-22日本代表メンバー21名が発表されました。

GK
権田修一(FC東京
増田卓也(流通経済大学)
安藤駿介(川崎フロンターレ)

DF
薗田淳(川崎フロンターレ)
比嘉祐介(流通経済大学)
丸山祐市(明治大学)
大岩一貴(中央大学)
鈴木大輔(アルビレックス新潟
酒井宏樹(柏レイソル)
濱田水輝(浦和レッズ
酒井高徳(アルビレックス新潟)

MF
山本康裕(ジュビロ磐田
山田直輝(浦和レッズ)
東慶悟(大宮アルディージャ)
山口螢(セレッソ大阪)
登里享平(川崎フロンターレ)
扇原貴宏(セレッソ大阪)

FW
永井謙佑(名古屋グランパス)
山崎亮平(ジュビロ磐田)
大津祐樹(メンヘングラッドバッハ/ドイツ)
大迫勇也(鹿島アントラーズ)

清武と原口はA代表に専念ということで、選手層の厚さを感じさせますね。

タレントが揃う五輪代表がどんな戦いを見せるか、注目です。
コメント(0) 

代表戦のフェアプレー [日本代表]

きのうの代表戦、日本のゴールラッシュに沸きましたね。

そんな中で自分はあれだけ力の差があって、あれだけ一方的に攻められても戦うことを止めなかったタジキスタン選手の姿勢にも拍手を送りたいと思いました。

そんな姿勢も立派なフェアプレーですし、スポーツの素晴らしさだと思います。


コメント(0) 

【動画】ロンドン五輪アジア最終予選vsマレーシア戦、東ゴール [日本代表]

きのうのロンドン五輪アジア最終予選vsマレーシア戦の先制ゴールは素晴らしいゴールでしたね。

DFライン、ボランチのゆっくりとしたボール回しからキュッとくさびの縦パスが入った瞬間に「スイッチ」が入ってスピードアップ。

最後は相手DFを引き付けて「逆をつく」ラストパスから最後はフリーでシュート

自分もU-15の選手達にビルドアップの中でゴールを奪うためのスイッチや逆をつくトレーニングをさせていますが、その部分がすごくイメージし易い得点シーンでした。

エスぺU-15の試合でもこんな得点シーンを作り出せるように頑張りたいと思います。


コメント(0) 

【動画】U-22 ロンドン世代スター候補集 [日本代表]

今回の五輪代表はとにかくタレント豊富です。

それは既にA代表入りしている選手、ヨーロッパで活躍している選手が多いことからも分かります。

どんなサッカーを見せるか、今から楽しみですね。


コメント(0) 

なでしこジャパン 「アルゴリズム体操」に挑戦 [日本代表]

間もなく、なでしこJAPANが五輪出場をかけて北朝鮮と戦いますが、うちの長男が大喜びした動画がこれです。



世界一になったなでしこ達が真面目な顔をしてアルゴリズム体操を踊っていて何か親近感が湧く動画ですね(笑)

今晩は笑顔での歓喜のダンスに期待しましょう。

頑張れ、なでしこJAPAN!
コメント(0) 

ポスト遠藤、家長昭博 [日本代表]

先日の日韓戦で素晴らしい戦いを見せた日本代表

自分は前線の若いタレントのプレーを引き出していた遠藤の貢献度の高さを書きましたが、逆に代表の課題の一つとなるのがその「ポスト遠藤」を誰が務めるか、だと思っています。

ザッケローニは阿部勇樹と共に家長昭博を考えていて、先日の試合でも試合終盤でしたが遠藤と交代出場させていましたね。

自分は昔から家長は豪快さと繊細さを合わせ持った「天才」だと思って注目していました。

マジョルカで再び輝きを取り戻した、自分も大好きなアキのプレー集を動画でどうぞ。

(日韓戦のプレーは・・・でしたけど今後に期待して)



ちなみに家長はガンバ大阪ジュニアユースで同期だった本田圭祐とまったく同じ1986年6月13日生まれだって知っていました?

2人の天才レフティーはちゃんとネタも持っています(笑)
コメント(0) 

日韓戦 [日本代表]

昨日の日韓戦、観戦しました。代表良かったですね。

今までの日韓戦はとにかくガチンコ勝負で「いっぱいいっぱい」という感じでしたが、昨日の代表には韓国のハードプレスを楽しむ「余裕」がありました。

代表がひとつレベルアップしたように思えたし、前線の若いタレントが躍動している姿にこれからの可能性も感じました。

ちなみに昨日の試合では前線やサイドの選手の活躍が目立っていましたが、自分が選ぶMVPは遠藤ですね。

彼がチーム全体をコントロールし、前線の選手のプレーを引き出していました。

だって昨日は8月10日、ヤットの日ですから(笑)
コメント(0) 

キリンカップ [日本代表]

バルサの試合を見た後に日本代表の試合を見るとミスが多くて正直、ストレスが溜まりますね。

若い選手も多く「これから」なのでしょうが・・・。

U-22は永井が抑えられた時にどれだけ出来るか、ですね。

きのうの試合を見たクエートはしっかりと「対策」を練ってくるはずです。
コメント(0) 

キリンカップ、前座試合 [日本代表]

今日のジュニアチーム出張コーチは雨天のため中止。

キリンカップの前座試合、U-22日本代表 対 U-22オーストラリア代表戦をテレビ観戦しています。

それにしてもロンドンオリンピックを目指すこの代の代表はタレント軍団ですね。

スピードスター、永井が同点ゴールを決め前半を終えました。
コメント(0) 

「奇跡」 [日本代表]

自分はきのうのチャリティーマッチが開催されたこと、前日まで高熱を出していた長友が先発出場し素晴らしいプレーをしたこと、そしてあの舞台で44歳のカズがゴールを決めたことは被災地を思うみんなの「思い」が集まって生まれた「奇跡」だと思います。

メッセージにもありましたが、選手達はみんな不安だったでしょう。

「多くの方が被災し今なお多くの方が苦しんでいる中でサッカーをすべきなのか・・・」と。

でも「何かしなくちゃいけない」と「思い」がみんなを動かし、大きな「奇跡」を起こしたのだと思います。

今回の震災で日本は大変な苦境に立たされています。

でも今回のチャリティーマッチのように一人一人が「何かしなくちゃいけない」と思い、みんなで協力して行動出来れば「奇跡」と言われるような復興を遂げられると思います。

自分はきのう改めてサッカーというスポーツが好きになりました。

そして改めてサッカーが好きになって良かったと思いました。

サッカー、ありがとう。

そして、がんばろう、ニッポン!!
コメント(0) 

震災復興チャリティマッチ [日本代表]

今日は日本代表vsJリーグ選抜の震災復興チャリティマッチが行われますね。

JFA公式(東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ)

この早いタイミングでのチャリティマッチ開催は賛否の分かれる部分かもしれませんが、自分は逆にサッカーというメジャースポーツでこの早いタイミングでこれだけの規模の試合が開催できること自体が素晴らしいことではないかと思います。

なぜなら今回のチャリティーマッチは復興に向けた多くの人の「思い」が集まって開催に至っているからです。

被災地でテレビが見れない人もいるのに、、、と言う人がいるかもしれません。

でも、海外で活躍する選手達も含め日本サッカーを代表する選手達が被災地支援のため、そして震災からの復興を祈って集まり開催されるのです。

今日の試合を通じてそのたくさんの人の「思い」はきっと被災地の方々にも届くと思うし、今後復興に向かう日本にパワーを与えられると信じています。

がんばろう ニッポン! サッカーファミリーのチカラをひとつに!
コメント(0) 

天才、宇佐美が語るドリブルの極意 [日本代表]

日本の至宝、ガンバの誇る天才ドリブラー、宇佐美貴史が語るドリブルの極意の動画です。

自分もジュニアスクール小学生に相手の逆を取るドリブルをこだわって指導してきましたがこの動画はそのテーマについて宇佐美選手なりの言葉で丁寧に解説していてイメージしやすいと思います。

小学生はもちろん、U-15の選手達にも勉強になる動画だと思いますので是非ご覧ください。

キーワードは「骨盤パニック」です(笑)


コメント(0) 

サッカー最高!! [日本代表]

日韓戦に興奮しちゃってまだ寝付けません(笑)

今日の日韓戦はサッカーの素晴らしさを再認識したゲームでしたね。

それは日本が勝ったことでもなければテクニカルな部分でもありません。

両チームの選手達のハート、サッカーに対する思いの部分です。

それぞれの国を背負った選手達の魂のこもった戦い、韓国の延長終了間際の執念の同点ゴール。

そして試合後、健闘を讃え相手チームのベンチ、選手に握手に向かう両チームの選手達。

サッカーって、なんて素晴らしいスポーツなんだろう・・・。

とにかく素晴らしい試合でした。

あのM木の解説以外は(笑)

彼は解説者じゃなくて、民放で視聴率を取るための「タレント」ですから。
コメント(0) 
前の30件 | - 日本代表 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。