So-net無料ブログ作成
検索選択
Jリーグ ブログトップ
前の30件 | -

Never Give Up!! [Jリーグ]

今日一日気になっていました。

J3第26節

FC琉球 2‐1 長野パルセイロ

パルセイロ、Never Give Up!!

Jリーグ公式
コメント(0) 

改めて驚く山雅の集客力 [Jリーグ]

昨日、アルウィンで行われたJ2公式戦で山雅は熊本に見事勝利し、2位を堅守しましたね。

ジュビロ磐田を上回る順位もさることながら、自分が注目したのは11,265 人の入場者数です。

夏休み中とは言え平日のナイター開催でこれだけの集客があるのは素晴らしいことですね。

Jクラブの収益の3本柱は入場料収入、スポンサー収入、マーチャンダイジング(グッズ販売)

クラブの「集客力」が大きければ、これらの収益は「プラスのスパイラル」に入りクラブの経営規模の拡大につながっていきます。

山雅の今後を占う意味でも、試合結果はもちろんその「集客力」にも注目したいですね。


コメント(0) 

J3、U-22選抜が中野市サッカー場で公開練習 [Jリーグ]

J3、U-22選抜が5月3日15:00~17:00に中野市サッカー場で公開練習を行います。

将来の代表候補もいるであろう若手のトップ選手のプレーを間近で見れるチャンスです。

一般の方のご来場も歓迎ということですので、中野市サッカー場を知ってもらう良い機会にもなりそうですね。

多くの方のご来場をお待ちしています!

コメント(0) 

J3が開幕!! [Jリーグ]

3月9日(日)今シーズンより新設されたJ3が開幕しました。

長野県から参戦しているAC長野パルセイロも見事、開幕戦白星スタートを切りましたね。

J3が開幕したことはJリーグにとって新たな歴史のスタートですし、そこに長野県のクラブが参加しているということは長野県サッカーにとっても新たな一歩です。

そう考えると今回のJ3開幕は本当に感慨深いですね。

Jリーグが目指すスポーツが「文化」となるためには歴史の「積み重ね」が必要です。

ヨーロッパのクラブには100年以上の歴史があります。

日本のJリーグはまだ20年を過ぎたばかりです。

Jリーグの躍進なくして日本サッカーの躍進なし。

今回新設されたJ3を長い目でサッカーファミリーみんなで育てていきたいですね。
コメント(0) 

【動画】2014J2第1節 松本山雅FC vs 東京ヴェルディ戦ハイライト [Jリーグ]

3月2日(日)に行われたJ2松本山雅FC vs 東京ヴェルディ戦のハイライト動画です。

20年前にJリーグが開幕した時に、いや10年前にも、まさか長野県のクラブが東京ヴェルディに勝つとは想像すら出来ませんでした。

サッカーには「夢」があります。そして「夢」は叶えるものですね!

山雅の勝利に大きな勇気をもらいました。

J1昇格目指して頑張れ、松本山雅FC!!


コメント(0) 

【動画】ACL柿谷曜一朗技ありゴール [Jリーグ]

昨日、行われたアジアチャンピオンズリーグ、セレッソ大阪 vs 浦頂戦の柿谷のゴールです。

動き出しのタイミング、仕掛けの駆け引き、シュートの高い技術、を見せた「技ありゴール」に唸りました。

ワールドカップでの柿谷の活躍が期待されますね。

Jリーグ勢の苦戦の続くACLもJクラブの奮起を期待しましょう。


コメント(0) 

サンフレッチェ広島がゼロックススパーカップ連覇 [Jリーグ]

昨季Jリーグチャンピオン、サンフレッチェ広島がゼロックススーパーカップを連覇しました。

このことは「快挙」と言えるのではないでしょうか。

予算規模の小さい地方都市のクラブでありながら、

しかもあれだけ中心選手を(さらには監督まで・・)他クラブに抜かれているに、

です。

試合で先制点を取った野津田選手も広島の育成組織の出身です。

得点した2人が19歳の新鋭ということからもサンフレッチェ広島の育成型クラブとしての「DNA」を感じますね。

中野エスペランサのような町クラブも大いに刺激を受けたサンフレッチェの大会連覇でした!
コメント(0) 

田中隼磨、松本山雅へ移籍 [Jリーグ]

松本市出身、田中隼磨の松本山雅への完全移籍が発表されました。

山雅はJクラブの中でも「地元愛」を感じるクラブです。

アルウィンでの田中隼磨の活躍を早く見たいですね。

Yahoo(名古屋と契約満了の元日本代表DF田中隼磨、松本へ完全移籍)



コメント(0) 

【動画】宇佐美貴史 2013年 17試合18得点 全ゴール [Jリーグ]

代表で「天才」宇佐美のプレーが見たい!


コメント(0) 

松本山雅FCの「勲章」 [Jリーグ]

松本山雅FCは残念ながらJ1プレーオフ進出はなりませんでしたね。

ハーフタイムの速報を見た時にはこれはPO進出か、と興奮していましたが。

でも今シーズン松本山雅には大きな「勲章」がありました。

それは、アルウィン一試合平均11,000人を超えてリーグ3位となった観客動員数です。

クラブを愛するサポーターはクラブの「宝」です。

最終節アルウィンに駆け付けたサポーターのあの大声援から来シーズン以降の山雅の飛躍を容易にイメージすることが出来ました。

来シーズンの松本山雅のさらなる躍進を期待しましょう。

中野エスペランサも規模は違えど、地域から愛され応援されるクラブを目指して頑張っていきます!
コメント(0) 

AC長野パルセイロの躍進に思う。 [Jリーグ]

今週はAC長野パルセイロのJ3入会承認、天皇杯4回戦マリノス戦での健闘と胸躍る報道が続きましたね。

長野県北信地域のサッカー人として地域にJリーグクラブが誕生することに改めて興奮を覚えました。

そして、昨日J1首位のチームに長野市のおらが街クラブがガチンコ勝負を挑んでいる姿に胸が熱くなりました。

今のAC長野パルセイロの躍進の陰には多くの人の情熱と努力の積み重ねがあったことは言うまでもありません。

多くの人の想いによって誕生した地域の「かけがえのないJクラブ」を地域全体で盛り上げさらに躍進させていきたいですね。
コメント(0) 

キングカズ 最年長ゴール記録更新! [Jリーグ]

自分が尊敬するキングカズの活躍には本当にパワーをもらいますね。

人の可能性って無限なんだと思います。

松本山雅FCのプレーオフ進出にも期待!


キングカズ 最年長ゴール記録更新! 投稿者 smilyyossy
コメント(0) 

Jリーグ2ステージ制のゴタゴタに思う。 [Jリーグ]

昨日、Jリーグ2ステージ制の欠陥発覚のニュースが流れました。

Jリーグの2ステージ制には当初から多くの反発があったこともあり、ゴタゴタしている印象はぬぐえません。

2ステージ制にしてプレーオフを行い、試合数を増やせば収入が増えるのでしょうが、それだけでは「Jリーグの観客動員減」という大きな命題が解決しないことは明らかです。

Jリーグは入場料を取り、プロスポーツを見てもらう「興行」です。

「興行」自体に魅力がなければお客さんは離れていきますよね。

またアビスパ福岡の経営危機のニュースもあり、クラブの経営についても改めて考えさせられました。

Jリーグも各クラブもその「本質」を真剣に考え、アクションを起こしていかなければ何も変わっていかないでしょう。

「かけがえのない」我らのJリーグがヨーロッパ・南米のように100年持続可能なリーグとなり、サッカー・スポーツが文化になっていくために。

お粗末!!Jリーグ2ステージ制、欠陥発覚で“白紙”に…(Yahoo!ニュース)
コメント(0) 

Jリーグ浦和レッズ試合観戦バスツアー参加者募集について [Jリーグ]

中野エスペランサスポーツクラブでは「Jリーグ浦和レッズ試合観戦バスツアー」を開催します。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

募集要項につきましては下記ページでご確認ください。

Jリーグ浦和レッズ試合観戦バスツアー参加者募集について(pdfファイル)
コメント(0) 

Jリーグ活性化なくして日本サッカーの成長なし [Jリーグ]

日本代表の欧州遠征での無得点で2連敗、アビスパ福岡の経営危機、と日本サッカー界はあまり良くない話題が続いていますね。

どうしても華やかな代表の試合や海外サッカーに目を奪われがちですが、こんなときこそ日本サッカーの基盤であるJリーグを盛り上げていかないといけないですね。

アジア進出、2ステージ制・プレーオフ導入の話題など、生き残りの道を模索するJリーグも今シーズンの大詰めを迎えています。

中野エスペランサでもJリーグの観戦応援ツアーも企画していきたいですね!

頑張ろう、Jリーグ!!
コメント(1) 

浦和レッズ鈴木啓太・小島秀仁選手サッカークリニック [Jリーグ]

昨日、浦和レッズ鈴木啓太・小島秀仁選手サッカークリニックを中野市サッカー場で開催しました。

クリニックには中野市内の少年少女チームの90名が参加し、啓太選手・秀仁選手から直接、指導を受けました。

暑さの中でしたが、子どもたちが目を輝かしてプレーしている姿を見て、今回のクリニックを開催して本当に良かったと感じました。

Jリーグシーズン中にも関わらず、中野の子どもたちのために中野市サッカー場に来て熱心にご指導いただいた啓太選手、秀仁選手に心から感謝致します。

ありがとうございました!

19a.jpg

19b.jpg
【今朝の信濃毎日新聞朝刊に掲載された記事】
コメント(0) 

浦和レッズ 鈴木啓太・小島秀仁選手サッカークリニックについて [Jリーグ]

一般社団法人中野エスペランサスポーツクラブでは、中野市サッカー場にてJ1浦和レッズ、鈴木啓太・小島秀仁の両選手による中野市内小学生チーム対象のサッカークリニックを下記の通り開催致します。今年も、Jリーグのリーグ期間中にも関わらず、J1の強豪、浦和レッズから元日本代表でチームの中心選手として活躍する鈴木啓太選手と、若手選手として活躍中の小島秀仁の2選手が中野市で子供達の指導にあたっていただけることになりました。指導内容も現役選手2名がコーチということで、プレーのデモンストレーションやプロ選手が子供達と一緒にプレーする等、多感な子供達の視覚的・感覚的なイメージが深まるようなプログラム構成と致しました。今回のクリニックが地域の子供達のプロサッカー選手に対する夢や憧れにつながればと願っております。
                                 記

・主催   一般社団法人中野エスペランサスポーツクラブ 
・日時   平成25年8月19日(月)9:30~12:30
・会場   中野市多目的サッカー場
講師   J1浦和レッズ 鈴木啓太選手、小島秀仁選手
・参加者  小学3年生~6年生約90名(中野SSS、日野平岡FC、高丘FC、エリセ中野SS)
・参加費  無料
・日程    9:00~ 受付、小学生ウォーミングアップ
        9:30~ クリニック(パス&コントロール、シュート、1対1、ゲーム、質問タイム)
       12:30   全体終了予定
・その他  クリニックの見学は自由です。
・問い合わせ 酒井(090-4609-2857)

講師紹介

   suzukikeita.jpg
      【写真提供:浦和レッズ】

鈴木啓太(すずき けいた)選手

<略 歴>
J1浦和レッズ所属現役Jリーガー、元日本代表
1981年7月8日 静岡県清水市生まれ
J1通算333試合出場
日本代表 28試合出場
※略歴試合キャップ数は2013年7月31日現在

<サッカー歴>
清水第八サッカークラブ→清水市立入江小学校
→東海大学第一中学校→東海大学翔洋高校
→浦和レッズ(2000年)

   kojimasyuto.jpg
      【写真提供:浦和レッズ】

小島秀仁(こじま しゅうと)選手

<略 歴>
J1浦和レッズ所属現役Jリーガー
1992年7月30日栃木県下都賀郡野木町生まれ
J1通算19試合出場
※略歴試合キャップ数は2013年7月31日現在

<サッカー歴>
佐川野FCJパワーズ→ヴェルディSS小山
→前橋育英高校→浦和レッズ(2011年)
コメント(0) 

愛読書紹介「Jリーグのマネジメント」 [Jリーグ]

この本は中野エスペランサのクラブ設立の過程において本当に多くのことを学んだ一冊です。

副題は『「百年構想」の「制度設計」はいかにして創造されたか』とされ、Jリーグのヴィジョン・組織づくりはもちろん「財務」「法務」「ブランディング」「メディア戦略」「ガバナンス」「スポーツマネジメント」「リーダーシップキャリア育成」等、多岐に渡り、日本のプロスポーツの概念を変えたと言われる「Jリーグ」のマネジメントについて記載されています。

今でも何度も読み直しますが、その度に新たな発見があって非常に考えさせられる奥深い本ですね。

地域のスポーツクラブの経営者にも非常に参考になる一冊ですので是非ご一読ください。

15.jpg
コメント(0) 

【信毎】山雅の経済波及効果は24億円 [Jリーグ]

松本山雅FCが「実利」として地域経済活性化に貢献していることが分かる数字ですね。

試算額24億円はJ1準優勝のベガルタ仙台の27億円に迫る数字とのこと。

自分は地域活性化の究極の形は、ただイベントを開催して盛り上がるだけではなく、「実利」として地域経済が潤い、新規雇用が生まれることだと考えています。

その意味で山雅はここわずか数年で地域に大きな実利を生み出すコンテンツ素材)に進化してきました。

信州サッカーに関わるサッカー人としても本当に嬉しいし誇りに思います。

長野市からJリーグを目指す長野パルセイロにも同様の「ステップアップ」を期待しましょう。

11.jpg
コメント(0) 

松本山雅FCからの「スペシャルな」ニュース!! [Jリーグ]

全国高校選手権への出場を決めた創造学園高校の主将、宮下周歩選手の松本山雅FC入団が正式に発表されました。

長野県で」生まれ、「長野県で」育った宮下選手が「長野県の」Jリーグクラブに入団したことは、長野県の育成年代のサッカー界において『大きな一歩』となるでしょう。

長野県にJクラブがなかった今までは、将来Jリーガーになりたいという中学3年生の多くが県外のJリーグ下部組織や強豪高校に進んでいました。

ひどい時だと中学3年生の長野県選抜の3分の2が県外に「流出」してしまう学年もあったほどです。

中野エスペランサU-15の卒業生も現在3選手が長野を離れ関東のJリーグのユースチームでプロを目指してプレーしています。

我々の住む長野県にJクラブがあり、長野県の子供達が将来あんな選手になりたい、この舞台でプレーしたいと目を輝かせながらJクラブの試合を観戦する、そして練習に打ち込む・・・。

このように県外のJクラブのある県にはある当然の流れが、これからは長野県でも日常となるのです。

今回の宮下選手の山雅入団のニュースはただのプロ選手誕生のニュースではなく、まさに「長野県サッカー新時代の幕開け」を告げるスペシャルなニュースなのです!

14.jpg
コメント(0) 

松本山雅、反町監督「続投」 [Jリーグ]

松本山雅FC、反町監督の続投が発表されました。

J参入1年目の「22番目の」クラブを中位まで押し上げた指導力、育成力は「さすが」ですね。

単年契約ではありますが、クラブ側もある程度の長いスパンでJ1に上がれるチーム作りを考えていることでしょう。

今年5月には中野市に山雅の大月社長をお呼びし講演をしていただきましたが、その中でも反町監督のサッカーに対する並々ならぬ情熱のお話をお聞きしました。

対戦相手のスカウティングの映像を真夜中まで(周りのスタッフが寝落ちしてしまっていても)黙々と見て分析しているというエピソードなど、自分も指導者として、とても刺激を受けたことを覚えています。

やっぱり名監督であってもサッカーに対する「情熱」なんだな、「愛」なんだな、と。

シーズン以降の反町山雅の更なる躍進を期待しましょう!

7.jpg
コメント(0) 

Jリーグに「3部」設置構想 [Jリーグ]

昨日のプレスリリースで「Jリーグに「3部」設置構想=準加盟クラブで2014年にも」との発表がありました。

長野市からJリーグ入りを目指すAC長野パルセイロの今後の動向も注目されますね。

以下、スポーツナビ.comより抜粋

サッカーのJリーグが1、2部制で行っている現行リーグ戦の枠組みに、新たにリーグ準加盟クラブによる3部相当のリーグを設置する構想を検討していることが4日、関係者の話で明らかになった。Jリーグなど関係機関は、年内にもリーグの規模や形態などについて具体的な議論を始め、早ければ2014年にも新たなリーグ戦を始める意向という。
 Jリーグ2部(J2)は今季、チーム数が目標としていた22に達し、下位チームと日本フットボールリーグ(JFL)上位チームとの入れ替えが導入された。JFLには、Jリーグ入りを目指す準加盟クラブとアマチュアの企業クラブが混在。J2から降格するクラブとJリーグ入りを目指すクラブがプレーする場として、JFLとは別に準加盟クラブで構成する3部相当リーグをつくる構想が浮上した。
 Jリーグ準加盟クラブは現在、V・ファーレン長崎、長野パルセイロ、カマタマーレ讃岐、SC相模原の4クラブ。JFLにはこのほか、将来のJリーグ入りを視野に活動するクラブが複数ある。Jリーグなどは、3部相当リーグの参加基準となる準加盟規定について、現行よりも条件を緩和する方向で検討する。
コメント(0) 

週間サカダイ、鈴木啓太選手インタビューに思う [Jリーグ]

週間サッカーダイジェスト10月23日販売号に7月に中野市で小学生のサッカー教室をしていただいた浦和レッズの鈴木啓太選手のインタビュー記事が掲載されていて興味深く読みました。

中野市でのサッカー教室で自分が一番感じたのは鈴木啓太選手の高い「人間性」でした。

前日に大阪で試合をし、当日も埼玉でチーム練習した後に中野市に駆けつけていただいた状況の中、サッカー教室前の自分との打ち合わせで啓太選手は「ただのイベントに終わらせたくない。短時間でも子供達の上達につながることをしたい」とおっしゃっていました。

自分はあの時の鈴木啓太選手の真剣な表情、真っ直ぐな眼差しが今でも忘れられません。

そして試合や移動の疲労があるにも関わらず、教室後に120名もいた「子供達全員にサインをしたい」とおっしゃってくださったのも鈴木啓太選手からでした。

自分はすぐにそんな鈴木啓太選手のファンになりましたね。

今回のインタビュー記事の一言一言の中からもそんな鈴木啓太選手のあの時感じた「誠実さ」「直向きさ」を感じました。

シーズンのJ1も佳境に入りましたがサッカー教室でお世話になった自分も、中野の小学生達もみんな、鈴木啓太選手、一緒に参加してくださった加藤順大選手、そして浦和レッズの活躍をお祈りしています。

26.jpg

以下、中野市で開催したサッカー教室当日の鈴木啓太選手の写真集です。

26a.jpg

26b.jpg

26c.jpg

26d.jpg

26e.jpg
コメント(0) 

【動画】浦和レッズがホームでG大阪に惨敗 [Jリーグ]

7月に中野市でサッカークリニックを開催していただいた鈴木啓太選手、加藤順大選手のファンになった自分は浦和レッズの試合結果を毎試合気にしていますが、今回の浦和の試合結果には驚きました。

優勝争いをしている浦和に対し、J2への降格圏内にいるG大阪が5得点を挙げ快勝。

しかも46000人のサポーターを集めた埼スタで。

サッカーは難しく、奥が深いスポーツですね。


コメント(0) 

FC岐阜の財政難について [Jリーグ]

J2、FC岐阜の財政難のニュースがありました。

今回のFC岐阜の件だけではなくJリーグの各クラブは非常に厳しい経営を強いられています。

2011年度はJ1・J2合わせて18クラブが赤字決算との報道もありました。

このようなニュースから流れると、必ず後、何億何千万円の返済がいついつまでに出来れば、というような話題が上がります。

でも、そのお金の問題をクリアする以上に大切なことは、そのクラブが「地域に愛され、必要な存在になる」というJリーグの理念そのものではないかと思います。

スポーツが文化、日常となりヨーロッパのようにスポーツクラブが地域にとってかけがえのない存在となるまではまだまだ時間がかかるのでしょう。

そしてそれは中野エスペランサのような町クラブでも同様です。

頑張れ、FC岐阜!!

毎日新聞(サッカー:J2 FC岐阜にJリーグ指摘「ライセンス交付厳しい」 資金調達前倒しも)
コメント(0) 

J1、アルビレックス新潟 vs 浦和レッズ戦を観戦 [Jリーグ]

今日は新潟アルビレッジで北信越クラブユース選手権U-15大会の視察後、ビックスワンでアルビレックス新潟 vs 浦和レッズ戦を観戦しました。

先日、中野市でクリニックを開催​していただいた浦和レッズの鈴木啓太選手、加藤順大選手​の応援も兼ねて、ということで。

試合結果はアルビレックス新潟 0-0 浦和レッズのスコアレスドローでしたが、その中でも鈴木啓太選手の存在感、加藤順大選手の安定感は「さすが」で​したね。

リーグを代表する両チームサポーターの応援も熱かったですよ。

ちなみに第4審判は自分も一緒にプレーしていた中野​市出身の笹沢君でした。

たくさんの刺激とパワーをもらった試合観戦になりました。

14.jpg

14b.jpg
【アルビゴール裏】

14a.jpg
【レッズゴール裏】
コメント(0) 

「松本山雅FC 大月社長講演会」開催のお知らせ [Jリーグ]

一般社団法人中野エスペランサスポーツクラブでは松本山雅FC、大月社長による講演会を下記の通り開催致します。

■日 時  平成24年5月26日(土)16:00~ (受付15:30~)

■会 場  アップルシティなかの(中野市大字吉田519 0269-26-1122)

■主 催  一般社団法人中野エスペランサスポーツクラブ

■講 師  株式会社 松本山雅 代表取締役社長 大月弘士 (講師プロフィール

■演 題  「スポーツと地域活性化 ~松本山雅FCの挑戦~」

■費 用  無料

■定 員  先着50名(当日受付可能)

■問い合わせ 酒井(090-4609-2857) E-mai soccer-e@fk9.so-net.ne.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2004年のNPO法人アルウィンスポーツプロジェクト発足以来、同法人の理事長、そして株式会社松本山雅代表取締役社長に就任され、悲願の松本山雅FCのJリーグ昇格にご尽力された松本山雅FC、大月社長が中野市で講演をしてくださることになりました。

多くの困難を乗り越え、Jリーグ昇格という大きな夢を実現させ、現在も活躍されている大月社長がどんなお話をしてくださるのかとても興味深いです。

講演当日は一般の方も当日の受付で、約50名まで聴講していただけます。費用は無料です。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。
コメント(0) 

【動画】Jリーグ4月のベストゴール集 [Jリーグ]

Jリーグの盛り上がりなくして、日本サッカーの発展なし。

Jリーグ4月のベストゴール集の動画です。

日本にも才能のある選手が多くいます。

海外に負けないエキサイティングなゴールがズラリ。

特に若き才能達の今後の活躍が楽しみですね!


コメント(0) 

長野県のJリーグ元年、いよいよ開幕 [Jリーグ]

松本山雅がJリーグデビュー戦が今週末に迫ってきました。

長年、誕生を待ちわびた長野県のJクラブ・・・長野県のサッカー人として本当に感慨深いです。

この「かけがえのない」Jクラブを地域みんなで大切に育てていきたいですね。

今年は自分も出来るだけ、クラブの選手達や家族を連れてアルウィンにいきたいと思います。

頑張れ、松本山雅!!

松本山雅FC公式
コメント(0) 

「伊那市出身・西村、J1新潟昇格」 [Jリーグ]

今朝の信毎の記事です。

松本山雅がJ2昇格を果たした今年、もう一つの「昇格劇」が伊那市出身のアルビレックス新潟ユース、西村竜馬選手のトップチーム昇格でした。

ヴィッセル神戸に入団した三澤慶一選手も同じ伊那市出身でしたね。

昨日もサッカー関係者と話をしていて、今回の信州出身のJリーガー誕生を信毎でもっと大きな特集を組んで欲しい、なんて言っていたらちょうど大きく報道されました。

自分は彼が中学生年代の時にクラブ選抜の遠征などでよく見ていて、非常に良い選手だったことを覚えています。

当時はFWとして活躍していましたが、新潟入団後はサイドバックとして頭角を現したそうですね。

長野県のサッカー少年達に大きな夢を与えるであろう今回のJリーガー誕生のニュース

中野市出身、中野エスペランサ出身のJリーガー誕生のニュースも近い将来お届けします!!

1222.jpg
コメント(0) 
前の30件 | - Jリーグ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。